● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
<< 「はり」四字熟語 | TOP | 母性健康管理指導事項連絡カード >>
5Gのデメリット

おはようございます。今日は氷雨で寒いです。
ブラックフライデーとかでセールが多いですね。

さて、現在スマホなどで使用しているのが第4世代(4G)です。次世代の5Gは4Gの電波と比べ、大容量のデータをより速く送受信できる移動通信システムのことです。次世代高速通信規格として、すでに米国韓国ではサービス開始しています。日本でも2020年春から本格的な商用サービスが始まる予定です。

この5Gの魅力は「超高速・大容量」「超低遅延」「多数同時接続」です。4Gの100倍という通信速度です。例えば2時間程度の映画をスマホにダウンロードする場合、現在、5分程度かかるものが、わずか3秒。また大量のデータを瞬時に必要とする車の自動運転の精度を高めることも期待されています。また5G通信による遅延は約1ミリ秒なので、人間はその遅れを認識できないということです。さらに5Gにはネットワークスライシングという技術が採用されるため、様々な種類の膨大な数のデバイスを接続することができます。

メリットばかりが宣伝されている5Gですが、実は大きな問題が指摘されています。使用している電波の波長が4Gより短く、電波が短い距離しか届かないのです。スマホの電波として使用するには、小型基地アンテナ20〜100メートル置きに設置しないと実用化できません。現在の4Gは2〜3キロに1基です。生活空間のいたるところにアンテナが隙間なく設置されることになり、つねに電磁波に照射されます。人体に与える電磁波の影響10倍ともいわれています。

欧米では5Gにより危惧さるような事例が相次いで報告されています。2018年10月、オランダ・ハーグで駅前に設置した5Gのアンテナ塔から実験電波を飛ばしたところ、隣接する公園の木の枝に止まっていたムクドリが次々に墜落して297羽突然死しています。鳥を解剖して検査しましたが、伝染病といった疾患は見つからず、5Gのマイクロ波が鳥たちの心臓を止めたといわれています。

また米国サクラメントの消防署では近くに5Gの基地局が設置されて以来、複数の消防士が頭痛不眠に悩むようになりました。 彼らは別の消防署に異動したところ、症状が治まったと報告されています。さらにベルギーではもともと電磁波に対して厳しい基準が設けられており、現行のままでは5G導入ができないことから、携帯会社から規制緩和を求められていましたが、環境大臣がその要請を却下。5G導入は事実上、不可能になっています。

5Gで世の中は便利になるかもしれませんが健康に与える影響や被害の検証はいまだ不明確な状況です。いまのスマホ機能は4Gで十分使えます。拙速に5Gに変更は十分に考慮した方がイイかもしれません。都市部では着実に5Gのアンテナを設置しているでしょうが地方では5Gのアンテナの設置状況が芳しくないとつながらない可能性も出てきます。

ちなみに私が使っているガラケーは3Gです。ソフトバンクの3Gガラケーは、かなりの機能が2019年11月で終了予定です。ドコモ2020年代半ばまでに順次終了予定です。au2022年3月末に終了としています。4Gはあと10年や15年は大丈夫かな… スマホに切り替えるか、4G対応のガラケーという選択肢もありです。この際、4Gの格安スマホもイイかもしれません。これからは、よりキャッシュレス化が進みキャリア決済も常態化していくことでしょう!! スマホにいつ変えようかな!?    〆

| 健康法 | 12:25 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tenyudou.com/trackback/4742
トラックバック