● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
<< 5Gのデメリット | TOP | ネオニコチノイド系殺虫剤 1 >>
母性健康管理指導事項連絡カード

おはようございます。連日10℃前後の日が続いています。
てんゆ堂の診療室はトリプルヒーターで暖かいです。

さて、つわり妊娠初期から始まります。つわりで妊娠が発覚することもあります。そして妊娠12週から胎盤が形成され安定期に入る16週頃自然に治ることが多いです。つわりにも「食べつわり」や「吐きつわり」などと呼ばれるように、食欲がなかったり、吐き気を感じたり、空腹になると吐き気が湧くので食べ続けたり、嘔吐したりとさまざまなものがあります。個人差が大きく、ほとんど感じない人もいれば、食事が出来なくなり、入院が必要な人もいます。

つわりの原因は、はっきりとはわかっていませんが、胎盤の絨毛(じゅうもう)から分泌されるヒト絨毛性ゴナドトロピンというホルモンが関係していると考えられます。強いにおい精神的なストレスなどが大きく影響し、体調が悪くなりやすくなります。残念ながら、つわりそのものを治すことは難しいです。症状がひどい場合は妊娠悪阻(おそ)といって病気と診断されます。体重が5%以上減少したり、水も飲めなくなったりする場合、点滴水分やビタミンを補給します。吐き気を抑える飲み薬を使う場合もあります。胎児に悪影響を及ぼす薬もあるので自己判断で市販薬を飲むのはやめてください。つわりは吐き気は空腹で強くなります。どか食いすると、よけい気持ち悪くなってしまいます。食事はこまめに少量ずつがイイでしょう。

妊娠初期のつわりは、お腹も大きくないので周囲の方は気づかないことが多いです。しかし、つらいので仕事を休みたいです。しかし有給も使い果たし… こんな時に役立つ母性健康管理指導事項連絡カードを知っていますか。通称、母健連絡カードです。勤務時間の短縮や休業など必要な措置を医師に記入してもらい職場に提出します。事業主は症状に応じて仕事の負担を減らすなど適切な措置をとる義務があります。貧血や切迫早産など妊娠・出産に関する体調のトラブル全般に利用できます。病気を抱えていたり、家族の介護をしたりしている人も含めて安心して働ける環境にすることが大切です。母性健康管理指導事項連絡カードはほとんどの母子健康手帳に載っていますからコピーして使えます。厚生労働省のホームページからも入手できます。これを上手に活用して妊娠初期の辛いつわりを乗り切りましょう。

雇用体系企業の考え方により、この母健連絡カードではなく、別の方法で対応している所もあるので、まずは総務や事務の方に相談してみてください。   〆

| ★つわり鍼★ | 10:03 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tenyudou.com/trackback/4743
トラックバック