● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
<< ネオニコチノイド系殺虫剤 3 | TOP | ネオニコチノイド系殺虫剤 5 >>
ネオニコチノイド系殺虫剤 4

おはようございます。今日は最高気温は5℃
今朝は東京は氷雨。横浜では初雪が降りました。

さて、ネオニコチノイド系殺虫剤は世界中で使用されていますが、子宮への発ガン性、胎児への影響、神経毒性などが指摘され使用禁止制限に踏み切る国や地域が増えています。日本では残留性が高くて使用回数を減らせるので減農薬として用いられ、多くの農産物に多量に使用されています。農作物には摂取しても安全なように農薬の残留基準が厚労省によって定められています。しかし日本のネオニコチノイド系殺虫剤の残留基準値は欧米に比べてほとんどが格段に高くなっています。

日本では世界の動きに逆行して農薬残留基準緩和が進んでいます。2014年、ネオニコチノイド系殺虫剤の成分クロチアニジン残留基準値を引き上げています。2015年、新たなネオニコチノイド系殺虫剤の成分フルピラジフロン農薬登録しています。そしてネオニコチノイド系殺虫剤の成分アセタミプリド残留基準値を引き上げています。2017年、新たなネオニコチノイド系殺虫剤の成分スルホキサフロル農薬登録しています。

2016年9月現在のアセタミプリドの残留農薬基準値(ppm)は、カブの葉2000倍の40ppm、ホウレンソウは3ppm→40ppmの13倍に緩和されています。40ppmでは1.5株食べただけで子どもが急性中毒になる可能性がある値です。茶葉30ppmEUの600倍に緩和されています。ブドウは5ppmでEUの10倍、米国の14倍です。イチゴは3ppmでEUの60倍、米国の5倍です。トマトは2ppmでEU・米国の10倍です。このような残留農薬を多く含む農産物が国中に溢れているのです。

農薬残留量が多いのは残留基準がEUや米国と比較して非常に高いからです。北海道大学などの研究チームによる調査で検出率が最も一番高かったジノテフランのお茶の残留基準値は、日本は25mg/。 米国は50/圓任垢、台湾は10/圈韓国は7/圈カナダは0.1/圓250分の1。EUは0.01/圓2500分の1。和食ブームなので茶の輸出に力を入れ始めた政府は、相手国の規制に合わせるため一部農家に使用農薬を限定する指導を行っています。 海外にはネオニコチノイド農薬を極力減らしたお茶を売り、自国民は危険なネオニコチノイドまみれのお茶…    つづく・・・

<関連記事>
・ネオニコチノイド系殺虫剤 1
・ネオニコチノイド系殺虫剤 2
・ネオニコチノイド系殺虫剤 3
・ネオニコチノイド系殺虫剤 5
・残留農薬 基準値緩和 1〜3
・グリホサート 発がん性 1・2
・ゲノム編集食品 1〜3

| 食養生 食品安全 | 09:34 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック