● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
<< ゲノム編集 妊娠禁止 2 | TOP | 室温アップで頻尿減少 2 >>
室温アップで頻尿減少 1
おはようございます。今朝は未明に震度4の地震。
震源地は茨城県南部の内陸型です。これも怖い…

さて、過活動膀胱(OAB:Overactive Bladder)は症状によって定義される疾患です。尿意切迫感が必須症状で、通常は頻尿(何回もトイレに行く)や夜間頻尿(就寝後何回もトイレに起きる)を伴い、場合によっては切迫性尿失禁(急に強い尿意が起こってトイレまで間に合わずに尿がもれる)を伴う疾患です。つまり尿意切迫感があれば過活動膀胱が疑われます。

日本では排尿障害に対する疫学調査が行われており、過活動膀胱は40歳以上の男女の14.1%、すなわち約1,040万人の方が過活動膀胱に罹患していることが示されています。また、その約半数が尿失禁(切迫性尿失禁)を伴うことも示されています。 過活動膀胱の病因は様々です。脳血管障害、パーキンソン病、多系統萎縮症、認知症などの脳や、脊髄損傷、多発性硬化症、脊髄小脳変性症、脊髄腫瘍、頸椎症、後縦靭帯骨化症、脊柱管狭窄症などの脊髄の神経疾患が過活動膀胱の原因となります。しかし、神経疾患がなくても前立腺肥大症に合併することもあり、加齢による膀胱機能の変化も原因となり、さらに明らかな原因疾患のない(特発性)の場合もあります。

過活動膀胱は症状に基づく病気ですので自覚症状の評価が最も重要です。尿意切迫感の症状があれば過活動膀胱と診断されますが、頻尿や切迫性尿失禁を伴っていればより確実です。過活動膀胱の診断や重症度を評価するために患者さん自身が記入する質問票・過活動膀胱症状質問票(OABSS)を用います。全質問の総合点数が3点以上であれば過活動膀胱と診断されます。また総合点数が5点以下であれば軽症、11点であれば中等症、12点以上であれば重症と判定に用いる場合もあります。

この過活動膀胱の頻尿が室温をアップすると減るというのです。  つづく・・・

<関連記事>
・室温アップで頻尿減少 2
| 健康法 | 09:48 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする