● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
<< ウォッカでアルコール消毒!? 1 | TOP | バッタ 大量発生 1 >>
ウォッカでアルコール消毒!? 2

おはようございます。SNSなどでパンデミックの情報
からか紙類および食料品備蓄でスーパーも品薄です。

さて、医療現場ではアルコール消毒液が必需品です。我々、鍼灸師も現場でアルコール消毒液を日常的に使っています。アルコール消毒液には医療用医薬品、第3類医薬品、指定医薬部外品などがあります。日本では厚労省が定める医薬品の基準「日本薬局方」があり、消毒用エタノールの濃度は76.9%〜81.4%の間と定められています。

濃度が60〜95%の消毒液であれば、きちんとした消毒・殺菌効果が得られ手荒れの心配もあまりありません。しかしアルコール濃度が50%以下では消毒・殺菌の効果がほとんどありません。逆に濃度が95%以上と高過ぎると、効果も期待できず、手が荒れる原因になってしまいます。アルコール濃度が60%以上あるものに関しては、消防法により「火気厳禁マーク」を記載するよう定められています。

アルコール(エタノール)をリン酸でpHを酸性にして、より高い消毒・殺菌の効果を得ることができる酸性のアルコール消毒液であれば様々な種類のウイルスに効果的です。ウイルスは脂質性の膜があるエンベローブウイルスと脂質性の膜がないノンエンベロープウイルスの2つに分けられます。インフルエンザウイルスコロナウイルスなどのエンベローブウイルスにはアルコールが効果的ですが、ノロウイルスロタウイルスなどのノンエンベロープウイルスにはアルコールが一般的に効きにくいとされています。ですから次亜塩素酸ナトリウムが配合された消毒液が販売されています。

スマホやネット上にはアルコール度数96度と非常に高いポーランドのウォッカスピリタス消毒液の代替できるとの情報も出回っています。エチルアルコール(エタノール)などの普及・研究等に従事する一般社団法人アルコール協会は、スピリタスを消毒用アルコールの代替として使用することについて、「一定の消毒効果は見込めるが、推奨はできない」「酒類に含まれるアルコールと消毒用のエタノールの化学組成は全く同じなため消毒効果はある」という旨の説明をしています。しかし「スピリタスを希釈して使うとしても正規の消毒液と同様の効果があるかは保証できない」とのことで、また「希釈したものを消毒液と称して販売したりすれば、薬機法違反となる恐れもある」と回答しています。

国立感染症研究所の HP「新型コロナウイルス(2019-nCoV)」には、手など皮膚の消毒を行う場合には、消毒用アルコール(70%)を、物の表面の消毒には次亜塩素酸ナトリウム(0.1%)が有効であることが分かっています。 スマホやネットには新型コロナウイルスに関する情報があふれています。”情報の出所”を確認することが大切です。ニセ情報やフェイクニュースに踊らされて、さらなる事故や悪化につながらないように”情報を見極める目”が大切です。  〆

<関連記事>
・ウォッカでアルコール消毒!? 1

| 消毒 除菌 | 09:06 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする