● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
<< バッタ 大量発生 1 | TOP | バッタ 大量発生 3 >>
バッタ 大量発生 2
おはようございます。今日はひな祭りです。
美味しい物でも食べて免疫力アップでいきましょう!!

さて、アフリカ東部で大量のサバクトビバッタが発生し被害が深刻になっています。国連食糧農業機関(FAO)によるとケニアでは1000億匹〜2000億匹のバッタに主食のメイズやソルガムなどの穀物が食い荒らされ、過去70年で最悪の被害となっています。ソマリアでは2020年2月2日に農作物が壊滅したとして非常事態が宣言さています。またエチオピアでは旅客機が緊急着陸を強いられています。すでに被害は7つの国に広がっています。

FAOは2020年1月30日、エチオピア、ケニア、ソマリアでは1200万人ほどが食糧危機の状態にあると指摘。食糧不足や農業への影響が懸念されています。バッタの大量発生による深刻な被害を蝗害(こうがい)と呼びますが、FAOは今世紀初の蝗害になる可能性もあると警戒しています。

これは異常気象が原因とみられています。インド洋西部の海水温度が上昇する「インド洋ダイポールモード現象」が東アフリカの気候に影響を与え、バッタの大量発生を招いたと考えられています。この現象はオーストラリア深刻な干ばつの原因にもなっているとみられています。サバクトビバッタは本来は群れを作らないのですが、気象条件によって密集した状態で育つと変異が起きて子どもは群れを作って行動し植物を食べつくすようになります。そうして生まれたバッタは今も増え続け、3か月で20倍、9か月後には8000倍にもなるそうです。 

アフリカ東部で大量発生したサバクトビバッタは農作物を食い荒らし拡散しています。各国で殺虫剤を散布してきましたが、バッタは猛スピードで1日に150キロメートルも移動するため手に負えませんでした。そこで国連は最新鋭のドローンを使ってバッタの大群を追跡し殺虫剤をまく計画を立てています。現地では穀物の植え付けがまもなく始まりますが、バッタの孵化も始まり今後数が飛躍的に増えることが予想されるだけに、早急に制圧しないと食料危機によって数千万人の命が危険にさらされかねません。   つづく・・・

<関連記事>
・バッタ 大量発生 1
・バッタ 大量発生 3
・バッタ 大量発生 4
 
| 社会問題 環境問題 | 10:28 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする