● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
<< 新型コロナに効く中医薬 5 | TOP | 「緊急事態宣言」の対応について >>
新型コロナに効く中医薬 6

おはようございます。自粛疲れの患者さんが多いです。
先が見えない不安が続くのは大きなストレスです。

さて、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対して中国政府は国務院通知として「新型冠状病毒肺炎診療方案」を発表しています。2020年3月3日に発表された最新の「試行第七版」では中医治療の詳細なガイドラインが示されています。中医薬として今回、新たに創方された清肺排毒湯(せいはいはいどくとう)をガイドラインでは優先的に使用するよう提案しています。

この薬は軽症から重症まで幅広く用いることができるようです。北京中医薬大学は「中医薬は重症化を阻止して重症患者の病状を緩和させ、治癒率を高め死亡率を低減させることができる」としています。4月17日、北京中医薬大学副校長の王偉教授は「清肺排毒湯は新型コロナウイルスの特効薬だと認識している」と発言しています。

また新型インフルエンザの流行時に創方された連花清瘟(れんかせいおん)は幅広いスペクトルをもつ中医薬の抗ウイルス剤として、呼吸器のウイルス感染症に対して中国の臨床現場で広く使用されている方剤です。連花清瘟は日本では発売されていない方剤ですが、効果としては「清瘟解毒、宣肺瀉熱」の効果を持ち、感染性の発熱およびそれに伴う症状と肺の症状(咳・呼吸困難など)を改善する処方となります。

その他にも金花清感(きんかせいかん)は新型インフルエンザ治療用の中医薬として北京の複数の医学研究機関の共同研究によって開発されています。タミフルの効果とほぼ同じとされています。しかし、これらの中医薬は予防的に飲む方剤ではありませんので、ご注意ください。中医薬治療で感染患者の9割に「効果が出る」というのは、中国では定説になりつつあり、西洋医学に中国の伝統的な中医薬を結合させる中西結合というコンビネーションで非常に効果を上げているのです。

一方、日本の日本東洋医学会は新型コロナウイルス感染症やその疑いのある患者に対し、医師が処方した葛根湯(かっこんとう)などの漢方薬や解熱鎮痛薬などの対症療法が、その後の重症化の有無とどう関連があるか調べるため、医療機関に症例報告を呼び掛けています。

同学会は1000例規模を集め統計的に解析するようです。症例募集は医療機関が対象で同感染症(疑いを含む)患者に対し、熱や咳などを抑えるための対症療法として投与した薬の内容、受診開始から14日目までの症状の推移と、重症化(酸素投与)の有無などの情報提供を求めています。

研究事務局の東北大病院漢方内科の高山真准教授は「感冒症状に処方する漢方薬には抗炎症・抗ウイルス効果、免疫調整作用などが報告されているものもあり、新型コロナウイルス感染症でも一定の効果が期待できる可能性がある」と説明しています。その上で漢方薬を希望する際には医師や薬剤師と相談した上で内服するよう呼び掛けています。

中国では新たに効果がある中医薬を創方していますが、日本では旧来の漢方薬がどの程度効果があったか検証するというのです。どうですか!? 政府主導で新しい漢方薬を作り治そうというのと、片や効果を調べる… 漢方薬の分野でさえ、この緊急事態での対応に大きな差異が露見しています。残念ながら日本の研究力の低下は著しいという他ないでしょう。様々な業界で「モノづくり日本」という幻想から早く脱局しないといけません。早く気づき行動しないと、その遅れは取り返しのつかない差として後世に負の影響を与えることは必定です。  〆 

<関連記事>
・新型コロナに効く中医薬 1
・新型コロナに効く中医薬 2
・新型コロナに効く中医薬 3
・新型コロナに効く中医薬 4
・新型コロナに効く中医薬 5

| 漢方薬 | 09:40 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする