● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
<< もやし 生食はNG 1 | TOP | 子ども 近視予防 1 >>
もやし 生食はNG 2

おはようございます。梅雨入りしてしばらく
晴天続きでしたが、今日は梅雨らしい天気です。

さて、もやしは日本では炒めたり、茹でたりして食べるのが一般的です。ベトナムでは生野菜を食べる習慣があり、生もやしフォー(米麺ヌードルスープ)やバインミー(ベトナム風サンドイッチ)に入っています。米国でも生もやしをサラダで食べるのがポピュラーです。


このもやしはスーパー等で購入する時点で、平均して1gあたり100万〜1000万の細菌が存在すると言われています。もやしは傷みやすいだけでなく大腸菌などの細菌が増殖しやすいため、生食は食中毒になりやすく危険といわれているのです。実際、生もやしを食べたことでサルモネラ菌による食中毒になった事例が報告されているのです。

これらの細菌はしっかりと加熱すれば死滅します。さらに怖いのが睡眠不足や病み上がりの体調不良時や、体力が落ちている時に生もやしを食べてしまうと急性腸炎を発症した事例もあります。急性腸炎になると激しい腹痛、下痢、吐き気といった症状に見舞われます。もやしは決して生では食べないようにした方が無難です。

そして、もやしは衛生管理の面から出荷前に清浄な水で洗浄してから脱水し、もやし表面の水分をしっかりと取り除いてから出荷するので調理前の水洗いは不要だと言われています。しかし流通過程や店頭に並んでから私達の手元に届くまでの間、気温、湿度、振動、直射日光などの外環境因子により品質は著しく低下する可能性があります。気になる方はもう一度水洗いしてから調理した方がイイです。

収穫から日数の経ったもやししか手に入らない一般の人が、鮮度の落ちた生のもやしを食べることは、やはり食中毒の危険が高いのです。日本ではもやしは生で食べるのではなく加熱調理してから食べることを前提としています。そのため日本には生もやしをそのまま生食はしないという衛生基準があるように、生で食べることは良しとされていません。

もやし農家さんが生で食べられるといっても、一般の人とは条件が違い過ぎることを忘れてはいけません。もやしは加熱調理した方が青臭さがとれて美味しくお召し上がれます。   〆
 

<関連記事>
・もやし 生食はNG 1

| 食養生 食品安全 | 09:17 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする