● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
<< 子ども 近視予防 6 | TOP | 銀歯 メタルフリー治療 1 >>
子ども 近視予防 7

おはようございます。中国政府は香港国家安全法案
を可決・成立しました。国家とは何でしょうか!?

さて、強度近視の人は近視でない人に比べて緑内障3.3倍、網膜剥離21.5倍、近視性黄斑症40.6倍になります。「今まで見えていた駅の標識が見づらい」という時には近視が進行している可能性があります。成人になってそういう症状が進んできた時は要注意です。そして「柱や物がゆがんで見える」「段差がわからず転びそうになる」ような症状は網膜の中心部の黄斑部というところが障害された時に起こる症状です。強度近視の合併症として黄斑変性黄斑出血というものがあります。

このような場合は眼科専門医を受診していただいた方がイイです。 眼球の伸びというのは、本当に身長ののびと同じように完全に止めるとか、短くするということはなかなか難しいです。ただ将来的には、そういった眼球の伸びそのものを抑える治療というのも可能になっていくと考えられています。

現時点での治療としましては、合併症を起こした時に黄斑変性に対して注射、あるいは網膜剥離・分離では網膜の手術を行います。そういった合併症に対する治療法が主体になります。屋外活動やアトロピンについても大人での有効性が実証された研究はありません。大人でできる対策としては定期的な眼科の受診しかありません。

近視の進行学童期〜小児期に大部分を占めます。近視の発症率を低くするための科学的根拠に基づくと1000ルクス2時間/日という予防策が示されています。屋内では昼間でも300ルクス、窓際でも800ルクス程度なのですが、屋外では木陰でも数千ルクス、日向は数万ルクスになります。

1日2時間以上屋外で遊ばせて明るい光を浴びることが近視予防につながります。特に小学生のいるご家庭では、とりあえず休みの日には木陰でも十分な明るさがあるというふうに考えられていますので、木陰でかまわないので屋外に出て遊ばせることも考えてあげてください。勉強や塾などとのバランスのとり方次第で近視は予防できます。   〆

<関連記事>
・子ども 近視予防 1
・子ども 近視予防 2
・子ども 近視予防 3
・子ども 近視予防 4
・子ども 近視予防 5
・子ども 近視予防 6

 

| 顔・目・頭・脳の病気 | 08:56 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする