● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
<< ツインデミック 3 | TOP | お知らせ >>
ツインデミック 4

おはようございます。本日12時から
Go To トラベルの商品売り出しです。

さて、米国では季節性インフルエンザの流行が深刻化すれば、世界的流行が続く新型コロナウイルス感染症(Covid-19)と同時に感染拡大が生じるツインデミック(Twindemic)が起こる可能性が懸念されています。すでに米国では、公衆衛生の専門家たちが「インフルエンザの予防接種(Flu Shot)を受けるように」と呼び掛けています。

米疾病対策センター(CDC)によると、米国では季節性インフルエンザが流行のピークを迎えるのは、毎年12月〜翌年2月の間です。10月に接種を受ければ、11月の初め頃にはワクチンが効いた状態になり、インフルエンザの流行が継続している可能性がある翌年4月まで効果が持続するということになります。

日本でも、今シーズンはインフルエンザワクチンの接種希望者が増えることで不足が心配されています。加藤勝信厚労相は9月11日の閣議後記者会見で、新型コロナウイルス感染症との同時流行に備え、65歳以上高齢者へのインフルエンザワクチン優先接種10月1日から始めると発表しています。60〜64歳心臓や呼吸器の機能に障害がある人も対象になります。

それ以外の人は、10月26日から接種を受けられます。しかし、医療従事者や高齢物ではないが重症化リスクが高い持病のある人、妊婦生後6カ月〜小学校2年の子どもができるだけ早く接種できるようにしてほしいとしています。厚労省は、今冬のワクチンの供給量は約6300万人分になる見込んでいます。

東京・新宿区はインフルエンザワクチンの予防接種を無料で受けられる対象を拡大する方針を決めました。これまでは75歳以上の高齢者生活保護を受給している世帯の人などが無料となっていました。新たに65歳〜74歳までの高齢者や、障害の程度が重い60歳〜64歳の障害者、それに13歳未満の子ども無料の対象になります。 こうした無料化の拡大は10月1日から始まる予定です。

そして、日本でも懸念されるツインデミックに備えて、‥切なマスク着用3密を避ける、5宅時などに手を洗う。これらも引き続き励行していきましょう。   〆

<関連記事>
・ツインデミック 1
・ツインデミック 2
・ツインデミック 3
・鍼灸治療 免疫高める

| 風邪・呼吸器疾患・感染症 | 08:58 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする