● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
妊産婦 PCR検査 費用助成 4
おはようございます。今日、新しい日本の総理大臣
が決まるそうです。年内にも選挙あるんじゃない!?

さて、新型コロナウイルス感染症に対し非常に強い不安を覚える妊産婦さんは少なくないです。この不安を少しでも解消するために、各都道府県で無症状の妊産婦について、希望があれば新型コロナウイルス感染症のPCR検査を実施する体制を整備してほしいという要望が出ていました。

6月10日、京都府は安心・安全に出産を迎えていただくため、希望する全妊婦が、出産前の新型コロナウイルスへの感染の有無を確認するためのPCR検査を受けることができるよう検査費用助成制度を開始しています。PCR検査で自己負担した額の2万円が助成上限額となります。2万円を超えた費用は自己負担となります。

8月1日、千葉県の中でも、千葉市は独自に市内の産婦人科で出産予定の方で、新型コロナウイルス感染症に関して不安を抱える妊婦の方が希望する場合、出産前に新型コロナウイルスの検査が公費で受けられます。費用を窓口負担された場合、2万円を上限に検査費用を返還します。

9月1日、埼玉県も妊婦の方が感染不安から分娩前にPCR検査等のウイルス検査を希望する場合、費用を助成する制度を開始していす。9月4日には東京都も妊娠中の女性が発熱などの症状がない無症状でもPCR検査などを希望した場合、その費用を助成することを発表しました。

東京都の場合、助成の対象となるのは、発熱など感染が疑われる症状はないものの、PCR検査などを希望する都内に住む妊娠中の女性です。2020年9月10日から来年3月31日までに行われた検査が対象で、1回の検査に限り2万円上限に補助します。

検査を行う時期は、おおむね妊娠36週で、都は、希望する場合は「まずはかかりつけの産科医療機関に相談してほしい」と呼びかけています。この他、都は、都内に住む妊娠中の女性で新型コロナウイルスの感染が確認された人に対し、訪問や電話などで専門的なケアや育児に関する助言などの相談支援を行うことになりました。

PCR検査費は保険適応外となります。検査費用の相場は、概ね2万円台〜4万円台と各病院やクリニックによって異なります。自己負担を少しでも軽減したい方は、HPに記載のない地元のクリニックなどに問い合わせて確認するしかありません。

ちなみに、妊産婦が新型コロナウイルスに感染した場合には重症化のリスクが高く、また治療薬として薬事承認(特例承認)されているレムデシビル(販売名:ベクルリー点滴静注液100mg、同点滴静注用100mg)は妊婦について使用しないこととなっています。

この無症状でもPCR検査が助成される制度により、少しでもリスクや不安が払しょくされると妊婦さんたちも安心できます。こういう意義にあることに税金を使って欲しいものです。   〆

<関連記事>
・妊産婦 PCR検査 費用助成 1
・妊産婦 PCR検査 費用助成 2
・妊産婦 PCR検査 費用助成 3
| 妊娠中期〜後期 胎児 | 09:38 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP -
妊産婦 PCR検査 費用助成 3

おはようございます。懸案事項であった
銀歯メタルフリーが終了しました〜。

さて、新型コロナウイルス感染症に関して不安を抱える妊産婦の方が希望する場合、出産前に新型コロナウイルスのPCR検査が公費で助成される制度が広がっています。

埼玉県は妊婦の方が感染不安から分娩前にPCR検査等のウイルス検査を希望する場合、費用を助成する制度を2020年9月1日から開始しまていす。9月4日には東京都も妊産婦のPCR検査の費用を助成することを発表しました。

東京都の場合、助成の対象となるのは、発熱など感染が疑われる症状はないものの、PCR検査などを希望する都内に住む妊娠中の女性です。2020年9月10日から来年3月31日までに行われた検査が対象で、1回の検査に限り2万円上限に補助します。

検査を行う時期は、おおむね妊娠36週で、都は、希望する場合は「まずはかかりつけの産科医療機関に相談してほしい」と呼びかけています。この他、都は、都内に住む妊娠中の女性で新型コロナウイルスの感染が確認された人に対し、訪問や電話などで専門的なケアや育児に関する助言などの相談支援を行うことになりました。

9月3日、静岡県富士宮市は新型コロナウイルス感染拡大への不安軽減策として、無症状でも検査を希望する市民に対し、市の基準に当てはまれば、PCR検査を受けられる独自の制度を9月中旬にも開始すると明らかにしました。同市では無症状の場合、保険適用外の自己負担で約3万円かかる検査1回の費用のうち、2万〜2万5千円を市が補助するようです。検査回数に制限は設けないそうです。

富士宮市にメールで詳細確認したところ、条件は2つで、感染拡大地域への訪問歴や感染拡大地域に住む人と接触があった、または、⊃祁織灰蹈淵Εぅ襯垢隆鏡者やその濃厚接触者と接触したことのある富士宮市民を対象と考えています。また、市外に住む人も上記´△里い困譴の条件を満たしていて、市内の医療、福祉、教育関係等の事業所に勤務・入所していれば対象となります。

さらに、,泙燭廊△両魴錣鯔たす方が、富士宮市内にある家族の家に帰省する場合も対象となります。 対象となった方が検査を受けた場合、検査後の申請により、市が検査費用の一部(2万円を予定)を補助いたします。 したがいまして、妊産婦であるかどうかに関わらず、上記の条件により検査を受けられるかを判断します。

例えば、富士宮市在住の専業主婦や、会社で事務パートなどの妊産婦対象外ということです。これでは広い意味での不安軽減策ではありません。結果的に人口が多く、ソーシャルディスタンスが取りにくい埼玉県や東京都であるが故の、妊産婦に特化したPCR検査の助成ということになります。    つづく・・・

<関連記事>
・妊産婦 PCR検査 費用助成 1
・妊産婦 PCR検査 費用助成 2
・妊産婦 PCR検査 費用助成 4

| 妊娠中期〜後期 胎児 | 09:05 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP -
妊産婦 PCR検査 費用助成 2

おはようございます。6年前に風疹ワクチン
接種したのに基準以下。MRワクチン打ちました。

さて、新型コロナウイルス感染症に関して不安を抱える妊産婦の方が希望する場合、出産前に新型コロナウイルスのPCR検査公費助成される制度が広がっています。

埼玉県は妊婦の方が感染不安からウイルス検査を希望する場合、分娩前にPCR検査等のウイルス検査を行う費用を助成する制度を2020年9月1日から開始しまていす。里帰り出産等で埼玉県外の医療機関で対象検査を実施し、検査費用が全額自己負担となった場合は、居住する自治体に償還払いの申請を行うことで助成を受けることができます。

助成上限額2万円。妊婦の方おひとりにつき助成対象となる検査は1回のみです。助成は、検査費用の全額ではありません。実際に支払った検査費用が2万円に満たない場合は、実際に支払った費用分の助成となります。また、2万円を超過した費用については自己負担となります。

この動きの呼応するように、9月4日には東京都は妊娠中の女性が発熱などの症状がない無症状でも新型コロナウイルスのPCR検査などを希望した場合、その費用を助成することを発表しました。助成の対象となるのは、発熱など感染が疑われる症状はないものの、PCR検査などを希望する都内に住む妊娠中の女性です。2020年9月10日から来年3月31日までに行われた検査が対象で、1回の検査にかぎり、2万円を上限に補助します。

検査を行う時期はおおむね妊娠36週で、都は、希望する場合は「まずはかかりつけの産科医療機関に相談してほしい」と呼びかけています。この他、都は、都内に住む妊娠中の女性で新型コロナウイルスの感染が確認された人に対し、訪問や電話などで専門的なケアや育児に関する助言などの相談支援を行うことになりました。   つづく・・・
 

<関連記事>
・妊産婦 PCR検査 費用助成 1
・妊産婦 PCR検査 費用助成 3
・妊産婦 PCR検査 費用助成 4
 

| 妊娠中期〜後期 胎児 | 09:06 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP -
妊産婦 PCR検査 費用助成 1

おはようございます。杉並区から風疹抗体
検査のレターが来たので検査してきました。

さて、新型コロナウイルス感染症に対し非常に強い不安を覚える妊産婦さんは少なくないです。この不安を少しでも解消するために、各都道府県で無症状妊産婦について、希望があれば新型コロナウイルス感染症のPCR検査を実施する体制を整備してほしいという要望が出てきていました。

2020年5月13日、新型コロナウイルス感染症が拡大する中、安全安心の出産ができるよう環境の整備を求める助産師有志が、妊婦にPCR検査を実施するための緊急要望書加藤勝信厚労相あてに提出しました。要望書には、感染リスクが高い分娩は院内感染を引き起こしやすく、妊婦へのPCR検査、介助者の完璧な防護が不可欠と強調しています。

5月27日、厚労省は事務連絡として「新型コロナウイルス感染症に対応した妊産婦に係る医療提供体制・妊婦に係る新型コロナウイルス感染症の検査体制の整備について」を示し、こうした点に留意するよう医療機関や都道府県等に依頼しています。

京都府はすでに妊婦へのPCR検査の実施を検討していました。そして、6月10日には安心・安全に出産を迎えていただくため、希望する全妊婦が、出産前の新型コロナウイルスへの感染の有無を確認するためのPCR検査を受けることができるよう検査費用助成制度開始しています。PCR検査で自己負担した額の2万円助成上限額となります。2万円を超えた費用は自己負担となります。

千葉県の中でも千葉市は独自に8月1日から、市内の産婦人科で出産予定の方で、新型コロナウイルス感染症に関して不安を抱える妊婦の方が希望する場合、出産前に新型コロナウイルスの検査が公費で受けられます。費用を窓口負担された場合、2万円を上限に検査費用を返還します。   つづく・・・
 

<関連記事>
・妊産婦 PCR検査 費用助成 2
・妊産婦 PCR検査 費用助成 3
・妊産婦 PCR検査 費用助成 4
| 妊娠中期〜後期 胎児 | 09:00 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP -
肝臓に愛を!! 5

おはようございます。サーバーの更新を失念。
HP等にアクセスできずにすみませんでした。

さて、非アルコール性脂肪性肝疾患NAFLD=ナッフルドorナッフルディー)を防ぐには、どのような生活改善が大切でしょうか。リスクで大きいのは、主に炭水化物(糖質)中性脂肪、コレステロール過剰摂取です。

まず、自分がどの栄養素の取り過ぎでメタボになっているか振り返ってみましょう。その栄養素を多く含む食品を1〜2割程度減らす食生活で、運動習慣の時間を増やすことです。炭水化物でも特に悪いのは単糖類(ブドウ糖や果糖など)の取り過ぎです。健康のために果物を多く取る人もいますが、食べても1日に握りこぶし1個分くらいの量に抑えましょう。

それとC型肝炎NASH(非アルコール性脂肪肝炎)の人は代謝異常を起こして、肝臓に鉄分が過剰に蓄積されることがあります。すると鉄と過酸化水素が結びついて大量の活性酸素が発生して、肝臓の細胞が障害され正常な働きができなくなってしまいます。脂肪肝を指摘された人も鉄分を多く含むレバー、ホウレンソウ、ひじき、卵などの食べ過ぎには注意した方がイイでしょう。

運動習慣はカロリーを消費させる有酸素運動(ウオーキングなど)が従来勧められてきました。しかし、最近は有酸素運動だけでなく、余分な糖質の消費や基礎代謝を上げるために筋肉をつける無酸素運動(階段の昇降、スクワットなど)を運動習慣に取り入れることも重要とされています。   〆


<関連記事>
・肝臓に愛を!! 1
・肝臓に愛を!! 2
・肝臓に愛を!! 3
・肝臓に愛を!! 4
・非アルコール性脂肪肝炎 NASH(ナッシュ)
・アルコール依存症 1〜8
・酒に弱い人 1〜5
・お酒 ザル体質vsゲコ体質 1・2
・飲酒→下痢 1〜3
・二日酔いにスプライト
・胎児性アルコール症候群 1〜3

| お酒・肝臓 | 08:54 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP -