● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
葉酸 2

おはようございます。昨日は五反田メッセで開催されている
Exhibitionism-ザ・ローリング・ストーンズ
に行って来ました。

さて、特に妊娠初期4週〜12週)に葉酸の摂取が不可欠です。葉酸が不足すると胎児の細胞分裂がさかんな妊娠初期においては先天性障害をまねく恐れがあります。妊娠初期に不足すると胎児の脳や脊髄(せきずい)の発育に影響し、運動機能や知覚が麻痺する二分脊椎症などの神経管閉鎖障害の発症リスクが高くなる恐れがあります。また、授乳期においては、乳幼児の発育に遅れをおよぼすことが指摘されています。

神経管閉鎖障害とは、妊娠初期に起こる先天異常のひとつです。神経管とは、脳や脊髄などの中枢神経系のもととなる細胞の集合体です。これらが妊娠初期に細胞分裂していくことで、脳や脊髄を始めとする胎児の様々な神経細胞が作り出されます。この神経管の下部に閉鎖障害が起きた場合は二分脊椎と呼ばれ、脊髄の神経組織が脊椎の骨により覆われていないことから神経組織に障害が生じるため下肢の運動障害や排泄機能に障害が起こることがあります。また神経管の上部に閉鎖障害が起きた場合、脳が形成不全となり無脳症と呼ばれ流産や死産の確率が高くなります。葉酸を摂取することで、全ての神経管閉鎖障害を予防できるわけではありませんが、神経管閉鎖障害の発症リスクを軽減する方法のひとつとして葉酸摂取が薦められています。

熱田リハビリテーション病院(名古屋市)の近藤厚生副院長らの調査では、2001〜2012年に出産した女性で葉酸サプリメントを取っていたのは23%。二分脊椎の子を出産した女性では10%と低かったと報告しています。副院長は「海外では小麦粉などの穀類に葉酸を添加する国が約80あり、二分脊椎などの障害が3〜5割減ったという報告も出ている」と指摘しています。先天異常学会の理事長は「葉酸の重要性が広く認識されていない。学校教育で妊娠中の栄養摂取の大切さが伝えられるようにするべきだ」と述べています。  つづく・・・

<関連記事>
葉酸 1
葉酸 3
・妊婦 カルシウム不足 1〜4

| 不妊症 | 09:07 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
葉酸 1

おはようございます。週明け29日(月・祝)
昭和の日で祝日ですが診療いたします。

さて、てんゆ堂逆子の妊婦さんだけでなく、妊娠希望の女性も多く来院します。こういう方々は妊娠期に欠かせない栄養素としてサプリメントで葉酸を摂取している方がいます。

葉酸は水溶性のビタミンBの一種で緑黄色野菜や果物などに含まれています。葉酸は1941年にホウレンソウの葉から発見されました。そのため、ラテン語で「葉」を意味する「folium」から「folic acid=葉酸」と名付けられました。代謝に関わりが深く、タンパク質や核酸の合成に働いて細胞の生産や再生を助け、体の発育を促してくれます。そのため細胞が新しくつくり出される場に必須の栄養素です。ビタミンB12とともに赤血球の生産を助ける造血ビタミンでもあります。特に核酸とはDNAやRNAのことで、細胞の核の中にあって遺伝情報を保存し、遺伝情報の通りに身体をつくっていく指令を出します。いわば生命の根幹です。そのため赤ちゃんの新しい細胞が作られる妊娠期や授乳期の母体にとって葉酸は必要不可欠な栄養素とされています。

葉酸が不足すると胎児の細胞分裂がさかんな妊娠初期4週〜12週)においては、先天性障害をまねく恐れがあります。妊娠初期に不足すると胎児の脳や脊髄(せきずい)の発育に影響し、運動機能や知覚が麻痺する二分脊椎症などの神経管閉鎖障害の発症リスクが高くなる恐れがあります。また、授乳期においては、乳幼児の発育に遅れをおよぼすことが指摘されています。  つづく・・・

<関連記事>
葉酸 2
葉酸 3
・妊婦 カルシウム不足 1〜4

| 不妊症 | 09:07 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
マイクロカレント 6

おはようございます。今週末から10連休という
方も多いことでしょう。
安全・安心が大事ですね。

さて、
マイクロカレントの応用はスポーツに留まりません。 オックスフォード大学は脳へ経頭蓋直流電気刺激tDCS)という電流を流すことによって、数学の能力が向上する研究論文があります。微弱な電気で刺激するのはストレスを抑制する働きを持つDLPFC・背外側前頭前野という部位です。研究者らは苦手科目の成績向上に有効だとしています。ある人では装置を使い始めて3ヶ月、数学の成績にまだ変化はないが勉強に前向きに取り組めるようになったとしています。

tDCSは、元々は脳卒中などで脳がうまく働かなくなった患者のために研究されてきた経緯があります。こうした装置は日本ではまだ医療機器として認可されていません。しかしtDCSは3ミリアンペア30分以内の利用であれば問題ないとされています。オックスフォード大学の研究では数学が得意だった人は逆に成績が下がってしまったという結果も出ています。脳科学はまだわからない事がたくさんある領域です。同じような研究を行っても、次は違う結果が出るかもしれないといったあやうい状況です。 科学雑誌の『ネイチャー』は脳への電気刺激はブレインドーピングではないかと指摘しています。人間がもともと備えている脳のリミッターというか安全装置を外してしまっている可能性も否定はできないようです。

マイクロカレントの効果は、実は医学的には未知数です。現時点では小規模な臨床試験や症例報告といった研究結果がほとんどの状況です。筋肉に対しては、トップアスリートでは実際体感できても、一般の方が使ったらどのような結果が得られるのかはわかりません。マイクロカレントの医学的情報は不十分と理解しておくべきです。 インターネット上では身近な材料で電気刺激機器を自作してしまう人たちがいるそうですが、間違えて強い電流が流れて感電や火傷の事故も報告されているそうです。  〆

<関連記事>

マイクロカレント 1
マイクロカレント 2
マイクロカレント 3
マイクロカレント 4
マイクロカレント 5

| 鍼 灸 その他治療法 | 09:10 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
マイクロカレント 5

おはようございます。昨夜は豪州の精神科医
のルーズさんと
会食愉しい時間でした。

さて、脳への電気刺激は
経頭蓋直流電気刺激tDCS)といい、元々は脳卒中などで脳がうまく働かなくなった患者のために研究されてきた経緯があります。こうした装置は日本ではまだ医療機器として認可されていません。しかしtDCSは3ミリアンペア30分以内の利用であれば問題ないとされています。今、アメリカンフットボールやメジャーリーグの選手たちが使用して結果を出しています。

1回限りの使用、あるいは数回単位で使う分には、恐らく安全性には問題がないとされています。しかし、脳に直接電流を流す行為を、数か月あるいは数年間続けることによる弊害というか安全性については疑問視されています。 脳の電流が弱くなるというのは、脳や筋肉が疲れ過ぎないようにするための自己防衛本能です。科学雑誌の『ネイチャー』は脳への電気刺激はブレインドーピングではないかと指摘しています。

人間がもともと備えている脳のリミッターというか安全装置を外してしまっている可能性も否定はできないようです。何かしら将来的には不都合が起きてくることも可能性もあり得ると指摘されています。 微弱電流の研究そのものが注目され始めたのは2010年頃からです。現時点で、さまざまな臨床的な効果の報告や、メカニズムについては一部の裏付けデータが出てきつつあるという状況です。マイクロカレントの効果は、実は医学的には未知数医学的情報は不十分と理解しておくべきです。  つづく・・・ 

<関連記事>

マイクロカレント 1
マイクロカレント 2
マイクロカレント 3
マイクロカレント 4
マイクロカレント 6

| 鍼 灸 その他治療法 | 09:02 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
マイクロカレント 4

おはようございます。GWの前半通常診療します。
5月
6日(祝・月)と7日(火)が臨時休診となります。

さて、
マイクロカレントはさまざまな分野で応用されはじめています。ウィスコンシン大学が開発した電気絆創膏は、指などに貼ると動かした際に僅かに発電します。このマイクロカレントにより動物実験ではケガの治りが4倍早く治ったと報告されています。米国では痛みに対するオピオイド系鎮痛薬の乱用が社会問題化しており、薬に代わるもう一つの手段として開発が進められているそうです。

パワーリフティングのエミリー・フーさんは3年前125kgを持ちあげ世界記録を樹立。しかし、その後、成績が伸びませんでした。そこでトレーニングにに接する側から僅かに電気が流れる電気刺激装置を導入。何年も伸び悩んでいた記録が一気に30kgも向上したというのです。装置を開発したのはヘイローニューロサイエンス社です。ダニエル・チャオCEOは「運動野は運動の学習にとって重要な役割を果たします。 だから私たちは脳の運動野を(電気刺激の)標的にした」 と述べています。脳の運動野を電気刺激の標的にしたヘッドホン型のマイクロカレント電気刺激装置で20分間の電気刺激した後、装置を外しても1時間脳は活性化したままだということです。

スキージャンプの選手がこの装置を使い3週間トレーニングした結果、ジャンプの力強さが30%ほど上昇したとされています。一方、中京大学のスポーツ脳科学専門の荒牧勇教授は電気刺激の効果を調査。その結果、電気がない場合はジャンプを繰り返すことによって記録が低下しましたが、電気刺激を行うと記録の低下を食い止められる事が分かっています。しかし記録の向上は認められなかったようです。荒牧教授は「脳への電気刺激自体の効果があるかどうかというのは、可能性があるという段階で、これからもっとたくさんエビデンス(根拠)を積んでいって、強い証拠にしていかないといけない」と述べています。  つづく・・・

<関連記事>

マイクロカレント 1
マイクロカレント 2
マイクロカレント 3
マイクロカレント 5
マイクロカレント 6

| 鍼 灸 その他治療法 | 09:04 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -