● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
脂肪酸 オメガ 1

おはようございます。今日はすっかり初冬の気温です。
最近では「寒暖差疲労」という言葉もあるようです。

さて、脂肪酸は大きく3種類に分けることができます。
動物性油・植物性油・魚油とに分けられます。肉・卵・牛乳
など動物性脂肪に多い飽和脂肪酸と、オリーブ油、なたね油、
コーン油など、主に植物性由来の不飽和脂肪酸があります。
不飽和脂肪酸はオメガ9、オメガ6、オメガ3に分類されます。
オメガ9は体内で合成することが出来ます。しかし、必須脂肪酸
のオメガ6・オメガ3は体内で合成することが出来ないので食事
で摂取する必要があります。

◆オメガ9
オメガ9(オレイン酸)は一価不飽和脂肪酸です。オリーブ油
キャノーラ油
などオメガ9は体内で合成することが出来ます。
オメガ9は酸化しにくく熱に強いです。熱に強いので炒め物などに
普段の調理油をオリーブオイルに変更すればオメガ6の過剰摂取を
防げます。


◆オメガ6
オメガ6(リノール酸アラキドン酸)は多価不飽和脂肪酸です。

コーン油サフラワー油、紅花油、月見草オイル牛肉
豚肉、鶏肉などなど体内で合成することが出来ません
オメガ6は市販の揚げ物総菜、加工食品などに多く含まれています。
オメガ3同様に必須脂肪酸ですが、現代人は家庭でも外食でもオメガ6
過剰摂取しているので、摂取量を下げるか、オメガ3の摂取を
増やすかどちらかの対策が必要です。さらに溶剤を使い高温精製で化学的に
抽出された油は栄養価も失われています。リノール酸は体内でアラキドン酸
に変化し、炎症を起こす物質となり炎症アレルギー
の原因になります。そして大腸ガン乳ガン動脈硬化
心疾患などの危険因子になります。

オメガ3
オメガ3(αリノレン酸EPADHA)は多価不飽和脂肪酸です。
αリノレン酸は主に亜麻仁油えごま油しそ油、くるみ、アーモンド
などの豆類です。EPA・DHAは主に魚類(いわし、あじ、さば、カツオ、
マグロ、サケなど青魚)に多く含まれています。青魚などに比べると量は
少ないものの、卵類や貝類、海藻類にも含まれています。オメガ6同様
体内で合成することが出来ません。α-リノレン酸は抑炎症作用
血液を流れやすくしたり、ガンの増殖抑制作用などリノール酸の
危険因子を中和してくれます。また学習能力を高める作用もあります。
オメガ3系油の特徴は酸化しやすく、熱に弱いです。欠乏すると皮膚炎
などの発症も起こります。


オメガ6のリノール酸の働きと反対の性質を持つ油、オメガ3が充分
摂取されていません。逆に現在の食生活ではオメガ6が過剰摂取
されています。現在よく使われている油は、ほとんどがオメガ6
を含む油です。      つづく・・・

<関連記事>
・脂肪酸 オメガ 2
・脂肪酸 オメガ 3
・トクホ 健康油
・トランス脂肪酸 1〜4
・健康食品の虚偽誇大広告 1〜7
・健康食品 規制緩和 1〜9
・医食同源 1〜4
・食養生・薬膳 1〜6
・血管力 1〜5
・毛細血管って大事!! 1〜4
ポリフェノール 「レスベラトロル」
・高血圧予防・改善 チョコレート 1〜4
・刺絡(シラク)

| 食養生 食品安全 | 09:49 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
血液1滴→ガン13種早期発見 4

おはようございます。今年の日本伝統鍼灸学会金沢です。
今日と明日開催です。来年は大阪・高槻での開催です。

さて、血液1滴ガン早期発見できたら・・・・
国立がん研究センター(東京都)と検査技術を持つ東レなどは、
ガン患者ら約4万人の保存血液から乳ガン、卵巣ガン、肺ガン、
胃ガン、大腸ガン、食道ガン、前立腺ガン、肝臓ガン、胆道ガン、
膵臓ガン、膀胱ガン、骨軟骨腫瘍、神経膠腫
の13種類のガンで
それぞれ固有の「マイクロRNA」を特定しています。
新しい検査法ではガン細胞から血液中に分泌される遺伝子の
働きを調節する微小物質のマイクロRNAを活用します。
ガン細胞と正常な細胞ではマイクロRNAの種類が異なり、
一定期間分解されません。これにより血液1滴でガンの病期
(ステージ)が比較的早い「1期」を含め、すべてのガンで
95%以上の確率で診断可能だというのです。乳ガンでは97%
だったというのです。

ガンの早期発見する新しい検査法は同センターの研究倫理審査委員会
が2017年7月中旬に実施を許可。8月から臨床研究を始め、早ければ
3年以内に国に事業化の申請を行う予定です。一度に複数の種類
のガンを早期発見できる検査法はこれまでなく、人間ドックなどに導入
されればガンによる死亡を減らせる可能性があります。

検査の普及と精度が向上して以前には見つかりにくかった微小ガン
を発見する機会が増えています。また、一口にガンと言っても種類は
多岐に渡り、月単位で大きくなっていくものもあればしばらく何もせず
様子をみていてもあまり変化しないガンもあります。微小な甲状腺ガン
や前立腺ガン
は数年という時間単位で経過をみても悪化しない可能性が
高いのです。ガンの中ではこれら経過観察が選択肢となるものはごく
一部のため「初期のガンは治療しなくてよい」「ガンは放置治療がよい
ということにはなりませんが… 定期的で慎重な専門医によるフォロー
が重要となります。『ガン=手術・抗がん剤・放射線』ではありません。
最適な治療方法については自分の生活や治療後の合併症まで含めて納得
した方法を選択
する必要があり、時間をかけた相談やセカンドオピニオン
という手段も必要と考えられます。    〆

<関連記事>
・血液1滴→ガン13種早期発見 1
・血液1滴→ガン13種早期発見 2
・血液1滴→ガン13種早期発見 3
・尿1滴→早期がん発見 1〜4
・がん検診のデメリット 1〜6
・ガン ステージ 1〜3
・大腸ガン 急増中 1〜5
・子宮頸ガン 1〜3
・子宮頸ガン検診 1〜3
・子宮頸部異形成 鍼灸治療 1・2
・子宮体ガン 1・2
・甲状腺ガン 1〜3
・ピロリ菌 1〜7
・なかなか治らない口内炎 1〜4
・がん患者「正しい栄養」1〜4

| ガン 難病 | 09:04 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
血液1滴→ガン13種早期発見 3

おはようございます。明日から雨続きで気温もグッと下がってくる
予報です。本格的な秋の長雨のシーズンです。体調管理をしっかりと!!

さて、各ガン固有のメッセージ物質である「マイクロRNA」。
実は、ある特別な「カプセル」に封じ込められた形でガン細胞から
放出され血液に乗って全身をめぐっていると考えられています。
そのカプセルは「エクソソーム」と呼ばれるものです。

エクソソームは直径1万分の1ミリほどの小さなカプセル(小胞
でガン細胞だけでなく、ほとんどすべての細胞が分泌していることが
分かっています。かつては細胞が不要になった物質をこのエクソソーム
に封入し外に排出していると考えられてきました。しかし10年前、
エクソソームの中に「マイクロRNA」が含まれていることをスウェーデン
の研究者が発見。さらにその後、国立がん研究センター研究所の落谷孝広
主任分野長の研究チームが細胞同士がこのエクソソームの中のマイクロRNA
を使ってお互いに情報交換をしているという事実を突き止めました。
これまでさまざまな細胞が「ホルモン」「サイトカイン
などと呼ばれるミクロ物質を出して情報交換を行っていることは
知られていました。その細胞間コミュニケーションの新たな道具
としてエクソソームの存在が明らかにされたのです。

ガン細胞は何のためにエクソソームを出しているのか。研究によって、
実はガン細胞がこのエクソソームを武器として使って転移再発
を引き起こしていることが突き止められました。例えば、乳ガン。
乳ガンは早期に治療すれば比較的完治しやすいガンとされていますが、
長い期間を経て脳に転移する場合があることが知られています。
しかし本来、脳の血管には「血液脳関門」と呼ばれるバリアのような
構造があり、ガン細胞はそのバリアを突破して脳内に侵入することは
困難です。脳の血管は、そのほかの全身の血管と異なり、血管の壁を覆う
細胞同士がかたく結びつき、脳へ入ることのできる物質を厳しく制限・調節
しているためです。このバリアをガン細胞はどうやって突破しているのか。
これまで謎とされてきました。

研究により乳ガンの細胞から放出されたエクソソームは血液に乗って
脳の血管までたどり着きます。すると血液脳関門を構成する内皮細胞は、
なぜかこのエクソソームをガン細胞から来たものとは知らずに受け取り、
カプセルを開封してしまいます。するとエクソソームの中に潜んでいた
「マイクロRNA」が内皮細胞の中へ侵入遺伝子の働きを変えることで
血液脳関門のバリアを緩めさせてしまうのです。その後、血液の流れに
よって運ばれてきた乳ガンの細胞は、このバリアが緩んだ部分から
脳の内部に入り込みます。こうして、脳への転移を起こすのです。

ガン細胞というのは非常に悪賢いです。ガン細胞が出すエクソソーム
とは相手がうっかり開けてしまうと、とんでもないものが感染して
異常な事態を引き起こす、まさにネット上のウイルスメール
のようなものなのです。国立がん研究センター研究所では、こうした
ガンのメカニズムを研究することで、今回の13種類のガン診断技術
のほかにも新たな治療法を生み出そうとしています。また、海外でも
エクソソームを利用したガン治療の臨床試験が始まるなど盛んに研究が
進められています。       つづく・・・

<関連記事>
・血液1滴→ガン13種早期発見 1
・血液1滴→ガン13種早期発見 2
・血液1滴→ガン13種早期発見 4
・尿1滴→早期がん発見 1〜4
・がん検診のデメリット 1〜6
・ガン ステージ 1〜3
・大腸ガン 急増中 1〜5
・子宮頸ガン 1〜3
・子宮頸ガン検診 1〜3
・子宮頸部異形成 鍼灸治療 1・2
・子宮体ガン 1・2
・甲状腺ガン 1〜3
・ピロリ菌 1〜7
・なかなか治らない口内炎 1〜4
・がん患者「正しい栄養」1〜4

| ガン 難病 | 08:56 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -