● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
バトルフィールド・アキュパンクチャー 5

おはようございます。健康診断で内視鏡検査
をしてきました。から入れましたが相変わらず苦手。

さて、バトルフィールド・アキュパンクチャー(battlefield acupuncture)は、日本語で「戦場鍼治療」などと呼ばれています。これは鍼灸治療でも有名な耳鍼療法のひとつです。このバトルフィールド・アキュパンクチャーのために開発した鍼は、その先端が純金でできおり、1本約50セント(45〜50円)でフランス製です。緊急時には誰でもすぐに利用できなければならないので、その目的に応じることができるものとしてこの鍼が考案されました。

バトルフィールド・アキュパンクチャーは、専用器具に装着された特殊鍼で瞬時に刺鍼します。水中でも利用可能です。刺鍼後、数十歩歩いてもらうことで即効性が高まります。鍼をそのまま置鍼しておけば、3日くらい経過して自然に抜け落ちとされていますが、1回入れたら抜けない矢尻のような形状をした鍼ですから、抜くときは外科手術になるのかな!?  つづく・・・

   
<関連記事>
バトルフィールド・アキュパンクチャー 1
・バトルフィールド・アキュパンクチャー 2

・バトルフィールド・アキュパンクチャー 3
・バトルフィールド・アキュパンクチャー 4
・バトルフィールド・アキュパンクチャー 6
・バトルフィールド・アキュパンクチャー 7
・バトルフィールド・アキュパンクチャー 8

 

| 鍼 灸 その他治療法 | 00:32 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
バトルフィールド・アキュパンクチャー 4

おはようございます。今年の猛暑を凄く助けて
くれたグリーンカーテン植え替えの時期です。

さて、米軍医のDr. リチャード・ニムゾフ(Richard Niemtzow)が名づけた バトルフィールド・アキュパンクチャーbattlefield acupuncture:戦場鍼治療)。これは負傷した兵士の鎮痛を目的に行われた治療法として広まりました。また兵士の疲労緩和をさせるため鍼灸治療を採用しています。モルヒネ以外に鎮痛・鎮静作用があるものを探した結果らしいです。肉体的ケアはもちろん、精神的なケアにも用いられています。軍人たちは長期間に渡り故郷や家族から離れての生活が強いられますし、最前線では目の前で仲間が死んだり、敵を殺したり、何より自分の生命が危険にさらされるわけで、その恐怖不安からくるストレスは大きいです。肉体的に屈強な兵士も精神的にバランスを崩しては兵役を全うできないですから、それを未然に防ぐために鍼灸治療が応用されています。

また有事以外に災害などの被災者は精神的にも大きなストレスがかかりますが、そうしたストレスから解放する力を鍼灸治療は発揮します。2010年1月12日、ハイチ共和国でマグニチュード (M) 7.0の地震が起こり31万6000人ほどに及ぶ死者を出し、ほとんどの病院が倒壊して機能しなくなりました。また2012年の10月末〜11月初めにかけて米国では巨大なハリケーンに襲われ、約6000万人が被災しました。このような検査も手術もできない西洋医学的手段が大きく損なわれた環境のもとで、米軍は救援に当たり、道具がなくてもを使って耳鍼に相当する治療を行い、負傷して痛みに苦しむ人たちを救助できたという経験があります。このような中で米国では鍼治療効果に対するニーズが高まり、人々が耳鍼治療に関心を高める状況になってきています。

バトルフィールド・アキュパンクチャーは災害時の応急処置や一般の医師による様々な痛みの治療にも取り入れられ始めています。また、そのテクニックは手や足、背中、腰の痛みだけでなく、頭痛にも痛風にも二日酔い、さらにドライアイドライマウスなどにも有用です。  つづく・・・

<参考文献>
Richard C. Niemtzow, Kevin J. Kempf, Peter A. S. Johnstone.ACUPUNCTURE FOR XEROPHTHALMIA.MEDICAL ACUPUNCTURE.13(3);21−22.2001.

<関連記事>
バトルフィールド・アキュパンクチャー 1
・バトルフィールド・アキュパンクチャー 2

・バトルフィールド・アキュパンクチャー 3
・バトルフィールド・アキュパンクチャー 5
・バトルフィールド・アキュパンクチャー 6
・バトルフィールド・アキュパンクチャー 7
・バトルフィールド・アキュパンクチャー 8

 

| 鍼 灸 その他治療法 | 08:56 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
バトルフィールド・アキュパンクチャー 3

おはようございます。今日は体育の日で祝日ですが、
てんゆ堂診療しています。10月になっても暑い…

さて、2001年に空軍の外科医の補完代替医療コンサルタントとして働いてるDr. リチャード・ニムゾフ(Richard Niemtzow) が開発した疼痛管理に有用とする耳鍼法バトルフィールド・アキュパンクチャーbattlefield acupuncture:戦場鍼治療)と名付けました。医師で鍼治療師で空軍軍医総監の上級アドバイザであるニムゾフ氏は「これは実在する痛みの治療法の中で最速のものの一つである。痛みは5分以内に消える」と述べています。米国空軍の軍医たちも「細い針を患者の耳に刺すことで脳に伝達される痛みの信号を遮断し、何日も続いている耐え難い痛みも治療できる」と述べています。

またニムゾフ氏は「戦場の最前線にあって、常に“死”と向き合いながら、まさにトラウマを乗り越えてこられた方である。そして、鍼が痛みのみならずトラウマにも非常に効果的であった」ことに気付たようです。戦地や被災地に赴く軍人に対してバトルフィールドアキュパンクチャーを統合医療的アプローチの一環(ストレスマネージメント、バイオフィードバック、瞑想、催眠、ヨーガ、ホルミシス)として導入され、いまでは米軍においてなくてはならない存在となっています。

さらにニムゾフ氏は「アフガン戦争やイラク戦争などの戦時や災害時など緊急時をメインに耳の鍼を利用して、この治療を普及させる必要性を認識してきました。緊急時の最前線基地にあって、運び込まれる負傷者に対してはもちろん西洋医学的な治療は必要ですが、例えば病院が破壊されたり倒壊して治療を行えない場合も少なくありません。また東日本大震災の時にも見られたように、通信網が断たれて医療者を呼ぶためのコミュニケーション手段が途絶えるという大きな問題があります。こうした中で血だらけなっている兵士や被災者に対して、服やヘルメットを脱がせることなく耳に鍼を打つだけで、すぐに痛みを取るというテクニックは非常に有用なものです」と述べています。戦場において傷病兵は医療の種類を自由に選択できません。また、退役軍人のPTSD治療にしても、軍が提供する治療を拒否して自費で通常治療を受けるという選択は銭的に難しい面もあります。  つづく・・・

<関連記事>
バトルフィールド・アキュパンクチャー 1
・バトルフィールド・アキュパンクチャー 2

・バトルフィールド・アキュパンクチャー 4
・バトルフィールド・アキュパンクチャー 5
・バトルフィールド・アキュパンクチャー 6
・バトルフィールド・アキュパンクチャー 7
・バトルフィールド・アキュパンクチャー 8

| 鍼 灸 その他治療法 | 09:04 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
バトルフィールド・アキュパンクチャー 2

おはようございます。連休中は運動会も多いでしょう。
運動不足のお父さん、張り切り過ぎてケガをしないように!!

さて、2001年に空軍の外科医の補完代替医療コンサルタントとして働いてるDr. リチャード・ニムゾフ(Richard Niemtzow) が開発した疼痛管理に有用とする耳鍼法バトルフィールド・アキュパンクチャーbattlefield acupuncture:戦場鍼治療)と名付けました。現在、ニムゾフ氏は米国医師鍼灸協会会長( Former President of the American Academy of Medical Acupuncture)です。

2009年にイラクおよびアフガニスタンに派遣される軍医に対して、空軍は戦場鍼治療の教育を始めています。伝統的保守な軍医コミュニティが初めてハイレベルでな鍼治療を推奨したのです。2009年に44名の軍医の鍼施術者に対して試行的な教育プログラムが行われ、空軍・陸軍・海軍からこの講習会に派遣された受講生は広い領域で医学の専門家として活動したようです。この試行的なプログラムにより、鍼の効果として評価されたのは、鎮痛。∪鐓譴任麻薬性鎮痛薬依存の改善。戦場のひどい負傷者に対する外傷性脳損傷の早期判断の促進などです。

現在では戦場などの環境に対応できるよう教育内容を調整した300時間鍼治療の基本的な生涯教育が軍医に行われています。空軍では、さらに医療業務の中で神経構造を基礎としたバトルフィールドアキュパンクチャーの技術を含めた短時間の教育が行われているそうです。耳鍼は戦場や病床で刺鍼しやすく即効性が高いために軍人保健科学大学医学校の4年の医学生は、現代軍陣医学での鍼の役割を体験しています。また選択科目としてアンドリュース空軍基地の補完代替医療クリニックでの教育が行われています。

ニムゾフ氏は「これは実在するみの治療法の中で最速のものの一つである。痛みは5分以内に消える」と述べています。米国空軍の軍医たちも「細い針を患者の耳に刺すことで脳に伝達される痛みの信号を遮断し、何日も続いている耐え難い痛みも治療できる」と述べています。  つづく・・・

<参考文献>
Fox Lindsay M,Murakami Mikiko,Danesh Houman.Battlefield acupuncture to treat low back pain in the emergency department(救急における腰痛治療のための戦場鍼療法).American Journal of Emergency Medicine.36 (6).1045‐10482018.

<関連記事>
バトルフィールド・アキュパンクチャー 1

・バトルフィールド・アキュパンクチャー 3
・バトルフィールド・アキュパンクチャー 4
・バトルフィールド・アキュパンクチャー 5
・バトルフィールド・アキュパンクチャー 6
・バトルフィールド・アキュパンクチャー 7
・バトルフィールド・アキュパンクチャー 8

 

| 鍼 灸 その他治療法 | 09:03 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
バトルフィールド・アキュパンクチャー 1

おはようございます。来春のスギ花粉は今年の2.7倍の予想。
6年ぶりの大量飛散だそうでNEWSだけで鼻がムズムズ…

さて、先日、NHKで「東洋医学ホントのチカラ」を放送していました。鍼灸オシが好印象でした。その中で米空軍が特殊な鍼を用いて治療している紹介されていました。実は初耳だったので色々と調べてみました。ということでしばらくこの話をしていきます。

米軍では1965年に2人の軍医がベトナムの病院で鍼を使用した報告があるそうです。鍼が広く知られるようになったのは、医師のための鍼(medical acupuncture)の研修を受けた放射線腫瘍医であるDr. リチャード・ニムゾフ(Richard Niemtzow) が、1995年に空軍病院に初めての鍼のクリニック(military medical acupuncture clinic)を設置して高い評価を得たことによるそうです。ニムゾフ氏は国防総省最初の常勤の軍医の鍼施術者(military medical acupuncturist)になり、 2001年に空軍の外科医の補完代替医療コンサルタントとして働いてるニムゾフ氏が開発した疼痛管理に有用とする耳鍼法バトルフィールド・アキュパンクチャーbattlefield acupuncture:戦場鍼治療)と名付けました。ニムゾフ氏は現在、米国医師鍼灸協会会長( Former President of the American Academy of Medical Acupuncture)です。

2002年にはアンドリュース空軍基地に常設の医師の鍼診療所(medical acupuncture clinic)の開設が認められ、ここでニムゾフ氏らは複合性疼痛症候群鍼の効果を啓発普及させます。空軍軍医総監の注目を浴び、帰還兵の疼痛管理に用いられるようになります。2008年には国防総省は「医療への科学的根拠に基づいたアプローチを支援するため、それらが効果的と証明されている場合には代替療法の使用をサポートする」というRFP(調達仕様書)を提出しています。米国空軍は疼痛緩和にバトルフィールド・アキュパンクチャーを使っています。「Noah Shachtman: "Air Force to Use ‘Battlefield Acupuncture' for Pain Relief" 」(2008/12/11) 。

そして、2009年にイラクおよびアフガニスタンに派遣される軍医に対して、空軍はバトルフィールド・アキュパンクチャーの教育を始めています。伝統的保守な軍医コミュニティが初めてハイレベルでな鍼治療を推奨したのです。2009年に44名の軍医の鍼施術者に対して試行的な教育プログラムが行われ、空軍・陸軍・海軍からこの講習会に派遣された受講生は広い領域で医学の専門家として活動したようです。この試行的なプログラムにより、鍼の効果として評価されたのは、鎮痛戦場での麻薬性鎮痛薬依存の改善。戦場のひどい負傷者に対する外傷性脳損傷の早期判断の促進などです。そして様々な環境の配属先で医学の補助として鍼治療を実践的に用いるようになっています。  つづく・・・

<参考文献>
Fox Lindsay M,Murakami Mikiko,Danesh Houman.Battlefield acupuncture to treat low back pain in the emergency department(救急における腰痛治療のための戦場鍼療法).American Journal of Emergency Medicine.36 (6).1045‐10482018.

<関連記事>

・バトルフィールド・アキュパンクチャー 2
・バトルフィールド・アキュパンクチャー 3
・バトルフィールド・アキュパンクチャー 4
・バトルフィールド・アキュパンクチャー 5
・バトルフィールド・アキュパンクチャー 6
・バトルフィールド・アキュパンクチャー 7
・バトルフィールド・アキュパンクチャー 8

| 鍼 灸 その他治療法 | 09:02 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
鍼灸もISO!? 3

おはようございます。9月雨の多い季節です。
秋雨の時期ですからね。”雨もまた良し”って感じで!!

さて、ISO(International Organization for Standardization)である国際標準化機構の波が鍼灸の世界にも押し寄せています。グローバル化に伴って国際標準化を進めることには確かに大きなメリットがあります。消費者や患者の安全を保証するための最低限の要求事項を決めることは大切です。しかし各国の違いや実情を考慮せず、パワーバランスの上位にあるものが下位の意見を軽視して医療器具や情報やサービスをすべて自国の基準に合わせて標準化するとしたら・・・ 各国の地域文化、民族、習慣、好み、知識、個人差などローカルな要素が臨床効果や患者の気持ちに大きく影響するはずです。

京都には海外からのお客様が多いのには理由があります。自国にはない文化や伝統が色濃いので魅力的に感じている訳です。グローバル化した国際標準化されたものに誰が興味を持つでしょうか。細部に渡り鍼灸をグローバル化して国際標準化してしまえば伝統医学の魅力は失われる可能性が高いでしょう。グローバル化の時代だからこそ、ローカルな伝統や生活文化の意義と魅力を尊重すべきではないでしょうか。

グローバル化=グローバリゼーションとは社会的あるいは経済的な関連が、旧来の国家や地域などの境界を越えて地球規模に拡大して様々な変化を引き起こす現象です。人、カネ、モノが国民国家の枠組みを超えて活発に移動し、各国経済の開放と世界の産業、文化、経済市場の統合が進む現象です。近年、このグローバル化で世界の秩序が崩壊し混沌としつつあることはnewsなどからも見て取れます。行き過ぎたグローバル化の問題が表面化しています。以外に日本の携帯電話のようなガラパゴス化というのもアリかもしれません。なんて言っても約260年も鎖国していた国ですから・・・ 一方、グローバル化は経済最優先という意味でもあります。経済だけでは図れないものがたくさんありますよね。 〆

<関連記事>
・鍼灸もISO!? 1
・鍼灸もISO!? 2
・鍼灸治療・漢方薬 WHO認定 1〜3

・統合医療 1〜4
・補完・代替医療:CAM 1〜4
・ガン 補完代替医療 1〜7
・自律神経免疫療法 1〜3
・逆子の灸 1〜5
・不妊治療 鍼灸 1・2
・「つわり」の鍼灸治療
・古今東西 鍼灸事情 1〜7
・アイスマン 鍼起源説 1〜3
・韓国の東洋医学 1〜4
・フランスの鍼灸事情 1・2
・ドイツの鍼灸事情 1・2
・イギリスの鍼灸事情 1・2

| 鍼 灸 その他治療法 | 09:01 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
鍼灸もISO!? 2

おはようございます。戦後のベストトセラーになった
引揚家族の『流れる星は生きている』を読んで感涙

さて、平成17年度改正薬事法が施行され、鍼治療で使われる指定管理医療機器として分類されて、厚労省に登録された第三者認証機関の認証が必要となっています。これを背景に2005年に制定されたのが単回使用ごうしん(この規格では「ごうしん」の表記はひらがなが正式)のJIS日本工業規格)です。この規格は物理的要求事項(鍼体材料、潤滑剤、外観、清浄度)、化学的要求事項(抽出物の酸・アルカリ、溶出金属物の制限)、寸法の許容差(外観、線径許容差、鍼長許容差)、性能(引抜き強さ)、包装・表示などの基準を定めています。
 
2014年、ISO規格の滅菌済み単回使用毫鍼Sterile acupunctureneedles for single use)が発行されています。ISO(International Organization for Standardization)は国際標準化機構のことです。用語の定義、タイプと外形、材料・サイズ・強度などに関する要求事項、包装、ラベリングなどについて定められています。すでに日本で先行して制定された単回使用ごうしんのJIS規格は次回の改定時にISO規格の内容を反映して書き換えられると予想されます。また、安定した品質の製品が世界的に流通したりメーカーの競争が活発化して製品が多様化したりする可能性もあります。

ISOの技術専門委員会(TC249)では鍼電極低周波治療器(電気鍼のための装置)、皮内鍼円皮鍼灸に関する機器安全性ガイドラインなどのISO規格の審議も進められています。日本国内の現状と合わない形で鍼灸領域のISO規格が決定すれば、輸入した鍼灸具の品質が国内の現状に合わなかったり、海外への輸出品に求められる品質に合わなかったりしてメーカーの国際競争力にも影響する可能性があります。また、日本で独自に発展した鍼灸の施術や器具・機器が「格外として排除される恐れもあります。産業界では「国際標準を制するものが市場を制する」と言われているそうで、ISO規格を作成していくことは品質や安全性の保証といった消費者保護だけでなく、主導権を握ればビジネスとしても有利なのです。そして、日本鍼灸独自の手法である鍼管を用いるので「押し手」、直接お灸する「透熱灸」が国際標準として適合されるか・・・ 懸念材料は沢山あります。  つづく・・・

<関連記事>
・鍼灸もISO!? 1
・鍼灸もISO!? 3
・鍼灸治療・漢方薬 WHO認定 1〜3

・統合医療 1〜4
・補完・代替医療:CAM 1〜4
・ガン 補完代替医療 1〜7
・自律神経免疫療法 1〜3
・逆子の灸 1〜5
・不妊治療 鍼灸 1・2
・「つわり」の鍼灸治療
・古今東西 鍼灸事情 1〜7
・アイスマン 鍼起源説 1〜3
・韓国の東洋医学 1〜4
・フランスの鍼灸事情 1・2
・ドイツの鍼灸事情 1・2
・イギリスの鍼灸事情 1・2

| 鍼 灸 その他治療法 | 09:02 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
鍼灸もISO!? 1

おはようございます。コーヒーを淹れても患者さんが来て…
冷めたコーヒーを飲む… 保温ボトルを購入しました!!

さて、ISO(International Organization for Standardization)は国際標準化機構のことです。製造メーカーや工場などでこのISOの文字が看板に掲げられていたりします。国際標準化はグローバル化に伴う社会では当然の動きです。物事を標準化することによって便利になることは多く最低限の品質を保証することにもなるので安全性が向上します。海外向け製品のみならず国内で製造する製品にはISOへの準拠が求められてきます。自らの製品の価値を担保し、時代の潮流とのマッチングを図っていくためにも、ものづくりはISOとの関連性がより密接になってきています。

しかし、今までの基準を変えて新しい基準に適合させるには、一次的に不便や混乱が生じたり労力や資金が必要となったりします。そして、そのどこの国の現状をベースにして標準化するのかという議論になると、そこには国益が絡むので政治的な競争や交渉も生じてきます。

鍼灸の世界でも1980年代に経穴国際コードが作られ、例えば、足三里ST36というように漢字文化ではない国でも、どの経穴を指しているのか互いに理解できるようになっています。2000年代には経穴の位置に関する国家間の合意が得られ、日本・中国・韓国の間で異なっていた部位についても整理されています。これらはすでに日本の鍼灸学校の教科書にも反映されています。  つづく・・・

<関連記事>
・鍼灸もISO!? 2
・鍼灸もISO!? 3
・鍼灸治療・漢方薬 WHO認定 1〜3
・統合医療 1〜4
・補完・代替医療:CAM 1〜4
・ガン 補完代替医療 1〜7
・自律神経免疫療法 1〜3
・逆子の灸 1〜5
・不妊治療 鍼灸 1・2
・「つわり」の鍼灸治療
・古今東西 鍼灸事情 1〜7
・アイスマン 鍼起源説 1〜3
・韓国の東洋医学 1〜4
・フランスの鍼灸事情 1・2
・ドイツの鍼灸事情 1・2
・イギリスの鍼灸事情 1・2

| 鍼 灸 その他治療法 | 08:58 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
鍼灸治療・漢方薬 WHO認定 3

おはようございます。外出時のエアコンのつけっぱなし
節電のボーダーラインは35分だそうです。byダイキン

さて、日本や中国の伝統医学である鍼灸治療漢方薬などが世界保健機関(WHO)の総会で認定されました。2018年6月18日、WHOが国際疾病分類の11回改訂版(ICD-11を公表しています。国際的な疾病・傷害・死因の統計分類の統一基準である国際疾病分類(ICD)があります。伝統的な東洋医学の章として第26章で「伝統医療」(Traditional Medicine conditions - Module I )が新しく追加されました。

明治維新まで日本の医療は和漢薬や鍼灸治療が中心でした。しかし明治政府は、これらを医療の本流から外し、近代西洋医学をわが国の医療とし、その後、健康保険制度の成立とともに近代西洋医学のみの医療体系が出来上がりました。近代西洋医学の恩恵は図り知れません。感染症や急性で重篤な疾患に対して素晴らしい効果を示し、これまで助からなかった生命を救い、寿命の延長に大きく貢献しました。再生医学やゲノム解析を用いた診断技術は今後も期待される分野です。一方、ガン、心臓・脳血管疾患、糖尿病、高血圧症などの生活習慣病慢性疾患、また現代病といわれるアトピー性皮膚炎、機能性胃腸症、花粉症、うつなどの増加のもとで、近代西洋医学の効果に限界を感じ始めた患者や医療従事者も少なくありません。

日本国内でも西洋医学に東洋医学のイイ部分を取り入れる統合医療が注目されています。日本統合医療学会は、『統合医療とは、近代西洋医学を中心として伝統医学や相補・代替医療を適宜合わせて行う医療のことをいいます』と定義しています。人間には、本来「自然治癒力」とよばれる自分で自分を癒す力があります。その力を引き出す医療として、伝統医学相補・代替医療が見直されてきているのです。そこで近代西洋医学の利点と伝統医学や相補・代替医療の利点をあわせた医療を行うのが統合医療です。統合医療は21世紀の医療として、国内のみならず世界中で注目されています。WHOの方針転換により100年以上、西洋医学一辺倒だった世界の医療基準の転換点となるとともに、中国と異なり独自に発展してきた日本の伝統医療再評価され地位向上につながるという期待がますます高まることでしょう。 〆

<関連記事>
・鍼灸治療・漢方薬 WHO認定 1
・鍼灸治療・漢方薬 WHO認定 2
・統合医療 1〜4
・補完・代替医療:CAM 1〜4
・ガン 補完代替医療 1〜7
・自律神経免疫療法 1〜3
・逆子の灸 1〜5
・不妊治療 鍼灸 1・2
・「つわり」の鍼灸治療
・古今東西 鍼灸事情 1〜7
・アイスマン 鍼起源説 1〜3
・韓国の東洋医学 1〜4
・フランスの鍼灸事情 1・2
・ドイツの鍼灸事情 1・2
・イギリスの鍼灸事情 1・2

| 鍼 灸 その他治療法 | 09:08 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
鍼灸治療・漢方薬 WHO認定 2

おはようございます。昨夜は台風でしたが案外穏やかでした。
今夏は異常気象ですから思いもかけないことが起こりそう!?

さて、日本や中国の伝統医学である鍼灸治療漢方薬などが世界保健機関(WHO)の総会で認定されました。2018年6月18日、WHOが国際疾病分類の11回改訂版(ICD-11を公表しています。国際的な疾病・傷害・死因の統計分類の統一基準である国際疾病分類(ICD)があります。伝統的な東洋医学の章として第26章で「伝統医療」(Traditional Medicine conditions - Module I )が新しく追加されました。

WHOが伝統医療を公式に認めれば、漢方の有効性についても科学的な検討が進められることになるでしょう。ICDの作成にも携わった千葉大の並木隆雄診療教授(和漢診療学)は「WHOに公式に認められれば、日本の伝統医療の地位向上に役立つ。科学的な調査のもと、漢方の有効性も検討でき、成果は国民に大きく還元される」と話しています。

日本では1976年(昭和51年)に147種漢方エキス製剤医療保険に適用。漢方医学は2001年(平成13年)から医学教育に、平成14年からは薬学教育にも導入されています。鍼灸教育は未だ… 現在、漢方薬のエビデンスが少しずつ増え、西洋医学と併用して漢方薬を処方する医師も徐々に増えてきています。「できるだけ副作用を避けたい」「妊娠中でも服用したい」など、患者さんからの要望に応える選択肢のひとつとして漢方薬に注目している医師もいます。しかし科学的なエビデンスがまだ不十分であると、漢方薬の処方を避けている医師もいます。その一方で漢方や漢方薬に詳しい医師の検索サイトに登録する医療機関も着実に増えています。

WHOの方針が影響し東洋の伝統医療が世界的に認められ、日本の漢方薬や鍼灸治療の需要がますます増えるとも考えられます。日本国内はもちろん、西洋医学以外の選択肢として、海外からもいっそう注目されるかもしれません。海外では目新しく、天然素材を用いた漢方薬に良いイメージを持つ人も多いようです。

とわいえ問題もあります。伝統医学の標準化、ISO国際規格策定による鍼灸の医療情報の国際標準化です。中国国家戦略の一環として、国費を投じてこの分野を中国主導でいきたいのです。しかし、同じ東洋には日本もあれば韓国もあります。伝統医学のルーツは中国かもしれませんが、それが伝播し各国で独自に発展してきた歴史があります。それをすべて中国スタイルで統一するというのが困りものです。この中医学ゴリ押しが進み、結果的にそれが国際標準となれば、WHOも厚労省もそれに倣うのは必定です。つまり日本の伝統的な鍼灸治療や漢方処方が否定されることになるのです。鍼灸界ではこれまでにも、国際的な鍼灸の学会などで標準経穴部位の検討がなされ、最終的に『WHO STANDARD ACUPUNCTURE POINT LOCAT IONS IN THE WESTERN PACIFIC REGION』が出版されています。WHO/WPRO(世界保健機関西太平洋地域事務局)が推進する東洋医学分野での標準化は他に、用語標準化医療情報標準化鍼灸研究法ガイドライン作成などがあります。国内では日本東洋医学会などの各学術団体の先生方が、各国の代表と渡り合い頑張ってくれています。  つづく・・・

<関連記事>
・鍼灸治療・漢方薬 WHO認定 1
・鍼灸治療・漢方薬 WHO認定 3
・統合医療 1〜4
・補完・代替医療:CAM 1〜4
・ガン 補完代替医療 1〜7
・自律神経免疫療法 1〜3
・逆子の灸 1〜5
・不妊治療 鍼灸 1・2
・「つわり」の鍼灸治療
・古今東西 鍼灸事情 1〜7
・アイスマン 鍼起源説 1〜3
・韓国の東洋医学 1〜4
・フランスの鍼灸事情 1・2
・ドイツの鍼灸事情 1・2
・イギリスの鍼灸事情 1・2

| 鍼 灸 その他治療法 | 09:08 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -