● 荻窪 教会通り てんゆ堂鍼灸院 「日日是好日」●

    
    東洋医学からみた
    鍼灸治療法
    健康情報
    養生法などなど徒草に
荻窪 教会通り 恬愉堂鍼灸治療院
乳幼児用浮き輪 溺水事故 3

おはようございます。今年は”平成最後の夏”です。
このように最後とカウントできる年も稀ですね。

さて、子どもが溺れる時、何が起こったのか判断できず、声を上げることができず、静かに沈んでいくことを「本能的溺水反応」といいます。子どもの場合は自分に何が起きているかわからず、沈む速度も速いため、特に静かに早く溺れると言われています。ですから10数秒目を離した間に子どもは静かに溺れます。

乳幼児の水遊びについては、オムツをしていても安定して座ることができ、両手でおもちゃを持てるようになる7〜8カ月以降になれば家庭用プールで遊ばせることが可能です。乳幼児用浮き輪は子どもを一人で待たせるための補助具ではないため、使用にあたっては保護者の付き添いが必須です。わずかでも目を離す状況がある場合、浮輪を使用しないのが賢明です。保護者は家事を済ませておくなど水遊びに集中できる環境を整えておき、絶対に子どもから離れないようにしましょう。そして溺れかけたケースの9割浴室でした。浴室の残り湯は抜いておき、浴室のドアは鍵がかかるものにし、柵をつけて近づけないようにしましょう。複数人で入浴する習慣も事故防止には有効です。

日本小児科学会の学会誌にも事故情報が掲載されています。(日本小児科学会HP「No.32 首浮き輪による溺水」)いずれも、お風呂で首浮き輪を使っていて、ちょっと目を離した隙に水の中にずり落ちてしまったという報告です。幸い2人とも命に別状はありませんでしたが、発見した時の様子は、顔色は真っ白、唇は紫色で、ぐったりし、水を吐かせてなんとか息を吹き返したような状態だったようです。かなり重症感で救急車で病院に搬送されています。1例は意識が一時なくなっていたこともあり、その後の神経学的な後遺症がないかどうか経過観察となっています。

また、浮き輪の中心部が座れるようになっていて、足を出す穴が開いているオムツ型浮き輪があります。この浮き輪を使用してお風呂で溺れて亡くなった子どもが何人もいます。後ろ向きにひっくり返って、水の中に頭を下にしてつかってしまう溺水事故です。重心が高くなり転倒し溺れやすいオムツ型浮輪は、業界も販売自粛していると言われますが、実際にはネット通販などではまだ入手可能なようです。やはり、お母さんが髪の毛を洗って目を離している数分の間にひっくり返って溺れ、呼吸停止、低酸素性脳症によるけいれんまで起こしている事故例です。日本小児科学会のHPから詳細をみることができます。(日本小児科学会HP「No. 18 浴槽用浮き輪による溺水」

日本小児科学会および小児科医は、乳児用浮輪の浴槽での使用は危険と考えており、使用を勧めていません。これらの商品には「浴槽内では使用しないでください」という表示があるものもありますが、利用者に危険性が十分に周知されていないのが現実です。保護者の方は子どもの安全を第一に考えましょう。  つづく・・・

<関連記事>
・乳幼児用浮き輪 溺水事故 1
・乳幼児用浮き輪 溺水事故 2
・乳幼児用浮き輪 溺水事故 4
・ベビーバス 事故 1・2
・ベッドガード 窒息事故 1・2
・自転車 転倒事故 1・2
・ストライダー 一般公道走行禁止 1・2
・乳幼児 ピーナッツ 1〜6
・ハチミツ 乳児ボツリヌス症 1〜4
・ベビーマッサージ 過失致死 1〜8
・揺さぶられっこ症候群 1・2
・無資格施術でケガ 1・2
・マッサージや整体で健康被害 1〜9
・キャッチコピーに気をつけろ!! 1・2
・マッサージ機の盲点 1・2
・風呂で寝る=気絶 1〜5
・交通事故 健康保険可 1〜3
・無料低額診療施設 1・2

| 育児 発達 | 09:08 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
乳幼児用浮き輪 溺水事故 2

おはようございます。週末の台風で近所の桜樹が倒木
幸いけが人もなく一安心。危険は意外に身近にあります。

さて、子どもが溺れる時の様子について「バシャバシャもがくのは映画の世界だけ」と言われています。何が起こったのか判断できず、声を上げることができず、静かに沈んでいくことを「本能的溺水反応」といいます。これを初めて提唱したのは水難救助専門家のフランク・ピア博士です。彼はライフガードとして仕事をしていた1960〜70年代、溺れる者が救助されるまでの過程をビデオに収めて観察した結果、「溺れる者は皆、助けを呼んだり叫んだりしない」ということに気づき本能的溺水反応と呼びました。ピア博士によると、溺れている人は「呼吸をすることに精いっぱいで、声を出したりすることができず」「手や腕を振って助けを求める余裕がなく」「上下垂直に直立し、助けが確認できない状況では足は動かない」といいます。この現象は米国の沿岸警備隊の間では常識のようです。

本能的溺水反応は子どもだけではなく、大人にも起こりうるものです。ただし、子どもの場合は自分に何が起きているかわからず、沈む速度も速いため、特に静かに早く溺れると言われています。ですから10数秒目を離した間に子どもは静かに溺れます。米シアトル・チルドレンズ・ホスピタルの小児科医W.S.スワンソン医師も「乳幼児は静かに溺れます」と啓発しています。

SNS上では「経験あります」「本当に怖い」など大きな反響を呼んでいます。佐久地域(長野県)の保育園児約3000名の保護者を対象に大規模なアンケート調査を行いました。回収した約2000枚のアンケートを分析した結果、驚くべきことに「子どもが溺れかけてヒヤッとした経験」のある保護者は実に41%に達していました。こういうのをヒヤリハット事例といいます。重大事故をピラミッドの頂点とすると、その下にこのような数多いヒヤリハット事例が隠れているのです。この結果からも、子どもが溺れかけることは決して稀ではないことがわかります。また、そのうちの84%は助けを求めたり声を上げたりすることもなく、58%はバシャバシャする音もなく、静かに溺れかけていたとのことです。この調査からも乳幼児が溺れる時は静かであると考えておいた方が良さそうです。

このアンケート調査では、溺れかけたケースの9割浴室でした。溺れ方はさまざまで親の洗髪中に浴槽内で足が滑って溺れたケースや、浴槽外からおもちゃを取ろうとして頭から浴槽内に落ちたケースもありました。入浴は毎日の生活習慣であり、浴槽は身近な存在です。浴室に子どもが一人で入らないようにしたり、残り湯に注意したりするなど工夫が必要かと思います。また鼻と口を覆うだけの水があれば、つまり水深が10センチ程度であっても溺れると言われており、「浅いから大丈夫」というわけではないと理解することも大事です。


乳幼児用浮き輪は、子どもを一人で待たせるための補助具ではないため、使用にあたっては保護者の付き添いが必須です。わずかでも目を離す状況がある場合、浮輪を使用しないのが賢明です。しかし、子どもから常時目を離さずにいることは現実的に難しいでしょう。目を離しても安全が確保されるためには、例えば入浴中は目を離す時は「常に会話を続ける」「洗髪中は浴槽の外に出す」「必ず上の子と一緒に浴槽に入れる」「子どもを先に風呂から上がらせる」「自分が洗髪を終えてから子どもを浴室に入れる」などが考えられるでしょう。  つづく・・・

<関連記事>
・乳幼児用浮き輪 溺水事故 1
・乳幼児用浮き輪 溺水事故 3
・乳幼児用浮き輪 溺水事故 4
・ベビーバス 事故 1・2
・ベッドガード 窒息事故 1・2
・自転車 転倒事故 1・2
・ストライダー 一般公道走行禁止 1・2
・乳幼児 ピーナッツ 1〜6
・ハチミツ 乳児ボツリヌス症 1〜4
・ベビーマッサージ 過失致死 1〜8
・揺さぶられっこ症候群 1・2
・無資格施術でケガ 1・2
・マッサージや整体で健康被害 1〜9
・キャッチコピーに気をつけろ!! 1・2
・マッサージ機の盲点 1・2
・風呂で寝る=気絶 1〜5
・交通事故 健康保険可 1〜3
・無料低額診療施設 1・2

| 育児 発達 | 09:14 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
乳幼児用浮き輪 溺水事故 1

おはようございます。台風12号の接近に伴い28日午後7時
から開催予定の隅田川花火大会は29日に順延のようです。

さて、赤ちゃんの首に着けて使用する「首浮き輪」があります。スイマーバ(swimava)は赤ちゃんにプレスイミングをさせることを目的に作られた浮き輪型のスポーツ知育用具です。英国で発売されて以来、世界中で大人気となりました。赤ちゃんは、もともとお腹の中で羊水に浸かっていたので、プールで浮いたり浸かったりする感覚には馴染みがあるという訳です。その特性を利用して、赤ちゃんに水の中でエクササイズをさせるためにスイマーバは開発されました。また足を入れて座る「オムツ型浮き輪」も人気が高いようです。背もたれ付きもあります。SNS上にも浮輪姿で入浴やプールを楽しむ赤ちゃんの写真や動画が多数アップされています。インスタ映えするせいか「かわいい」「便利そう」と評判です。

近年、こうした首浮輪やオムツ型浮輪といった乳幼児用の浮輪が多く販売されています。中には「生後1〜2カ月から使用可能」とうたっている商品もあるようです。しかし、普及の一方で保護者が目を離した隙に浮輪を使用していた乳幼児が溺水事故も増えているようです。溺水とは、日本救急医学会によれば、「浸水(水が入り込むこと)もしくは浸漬(水に浸されること)により、窒息をきたした状態」を指します。気道に淡水や海水が入り、窒息することで酸素不足になり、生命に危険が及ぶ状態です。低酸素により、脳に障害が出ることが最も生命予後と直結します。また低体温症や肺炎などを合併することもあります。


首浮輪は空気が不十分であったり、抜けていたりすると頭が水面下にずり落ち、口や鼻が沈んでしまいます。また足を入れて座るタイプのオムツ型浮輪は乳幼児の重心の位置が高くなり転倒しやすい上、いったん転倒すると足が抜けにくく元の位置に戻らないため溺水する可能性が高くなります。水量が少なければ安全と思われがちですが、実は足が着く状況では、乳幼児が底を蹴り上げることで転覆の危険が増すので注意が必要です。

乳幼児用浮き輪は本来、水に親しむための「ベビープレスイミング」を目的に発売されたものでしたが、実際には自宅の浴槽で使用されることが多いようです。浮輪を着けた子どもを浴槽に浮かせておき、その隙に親が洗髪をしたり、場合によっては家事を済ませたりするなど、便利な「育児用品」として普及している側面も見受けられます。

しかし、現実には保護者がそばにいた場合でも、子どもから目を離したほんのわずかなタイミングで重大な事故につながった事例がいくつも報告されています。例えば、浴槽内でオムツ型浮輪に座らされていた9カ月の男児の場合、母親が洗髪中3〜4分のうちに浮輪から外れてうつ伏せ状態で溺水し意識不明の重体となりました。他にも母親が着替えを取りに行った1〜2分のうちに浮輪から外れ、浴槽内に沈んでいた8カ月の男児の事例などがあります。日本小児科学会および小児科医は、乳児用浮輪の浴槽での使用は危険と考えており、使用を勧めていません。  つづく・・・

<関連記事>
・乳幼児用浮き輪 溺水事故 2
・乳幼児用浮き輪 溺水事故 3
・乳幼児用浮き輪 溺水事故 4
・ベビーバス 事故 1・2
・ベッドガード 窒息事故 1・2
・自転車 転倒事故 1・2
・ストライダー 一般公道走行禁止 1・2
・乳幼児 ピーナッツ 1〜6
・ハチミツ 乳児ボツリヌス症 1〜4
・ベビーマッサージ 過失致死 1〜8
・揺さぶられっこ症候群 1・2
・無資格施術でケガ 1・2
・マッサージや整体で健康被害 1〜9
・キャッチコピーに気をつけろ!! 1・2
・マッサージ機の盲点 1・2
・風呂で寝る=気絶 1〜5
・交通事故 健康保険可 1〜3
・無料低額診療施設 1・2

 

| 育児 発達 | 09:01 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
自転車 転倒事故 2

おはようございます。全労働者数は6621万人だそうですが、
パート派遣などの非正規労働者は2133万人にもなるそうです。

さて、2018年7月5日、神奈川県横浜市都筑区内の市道で、近くの保育士の女性(38)が幼児を含めて3人乗りの電動アシスト式自転車に乗って歩道を走行していましたがバランスを崩して転倒。自宅から30メートルほど走ったところでした。そして抱っこひもを使って母親が前抱っ子していた次男(1)が転倒により頭部強打。意識不明の状態で近くの病院へ収容されましたが、回復することなく約6時間後に死亡するという悲しい事故が起きています。

2016年5月にも東京・国分寺市の府中街道で生後7か月の男の赤ちゃんを背負った母親(33)の自転車で道路を横断しようとしたところ乗用車と接触する事故がありました。自転車で転倒した際、赤ちゃんが頭を打ちその後、死亡しています。母親は軽傷でした。母親が運転する自転車は、信号待ちをしていた車の間を通り抜けて対向車線に出た際に、走って来た乗用車と接触したのです。乗用車を運転していた25歳の女性は逮捕されています。

2017年12月、川崎市麻生区の女子大学生(20)が電動アシスト式自転車に乗り、両手をハンドルに添えた状態で右手に飲み物左手にスマートフォンを持ち、左耳にイヤホンをしていました。自転車をこぎだし、衝突直前までスマートフォンを操作し、ポケットに入れようとした際に直後に前を横切った近くに住む女性(77)と衝突し、2日後に死亡させたと事故をご記憶の方も多いでしょう。女子大学生は容疑を認め「女性に気づかなかった」と供述しています。警察署は前を見ていなかったことが事故原因と判断しました。

2008年9月の夜。神戸の小学5年生の児童が自転車で暗い坂道を下った際、62歳の女性と正面衝突。女性は頭を強く打ち、脳挫傷の重傷。一命は取り留めましたが意識障害、四肢拘縮後遺障害が残りました。被害者側が裁判を起こすと、神戸地裁が自転車事故の加害者に9500万円の賠償責任命令を下しました。裁判官は時速20〜30キロで走行していた少年の前方不注視が事故の原因と認定。法廷で加害者の母親は「子どもには普段から注意をしていた」と主張しましたが、少年がヘルメットを着用していなかったことなどから「十分な指導や注意をしていたとはいえず、監督義務を果たしていなかったのは明らか」として、保護者の責任も認めたのです。つまり、親に賠償責任があるとしています。

電動アシスト式自転車は約30kg。お子さんを載せている状態でバランスを崩せば転倒しやすいです。自転車の乗り方にも問題があります。自転車左側通行全く無視して、朝からすっ飛ばしていく自転車もみます。乳幼児にヘルメット着用させていないのもよくみかけます。信号無視、一時停止無視、歩行者優先無視… 子供絡みの事故のNEWSを聞くと、いつも思うことは”子供の安全を守ってあげられるのは親御さんだけ”ということです。失敗から学ぶ教訓は大事だと思います。アナタが被害者にも加害者にもなり得ると心得ておく必要があります。  〆

<関連記事>
・自転車 転倒事故 1
・ベビーバス 事故 1・2
・ベッドガード 窒息事故 1・2
・ストライダー 一般公道走行禁止 1・2
・乳幼児 ピーナッツ 1〜6
・ハチミツ 乳児ボツリヌス症 1〜4
・ベビーマッサージ 過失致死 1〜8
・揺さぶられっこ症候群 1・2
・無資格施術でケガ 1・2
・マッサージや整体で健康被害 1〜9
・キャッチコピーに気をつけろ!! 1・2
・マッサージ機の盲点 1・2
・風呂で寝る=気絶 1〜5
・交通事故 健康保険可 1〜3
・無料低額診療施設 1・2

| 育児 発達 | 08:58 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
自転車 転倒事故 1

おはようございます。今年の祇園祭宵山(前祭)は終了。
宵山(後祭)は7月21日〜23日の3日間になります。

さて、2018年7月5日、神奈川県横浜市都筑区内の市道で、近くの保育士の女性(38)が幼児を含めて3人乗りの電動アシスト式自転車に乗って歩道を走行していましたがバランスを崩して転倒しました。自宅から30メートルほど走ったところでした。そして抱っこひもを使って母親が前抱っ子していた次男(1)が転倒により頭部強打。意識不明の状態で近くの病院へ収容されましたが、回復することなく約6時間後に死亡しています。女性と前部に設置されていた幼児用の補助席に着座していた長男(2)の男児にケガはありませんでした。事故を起こした女性は出勤前に2人の子供を連れて保育園に向かう途中だったとみられています。

警察の聴取に対して女性は「ハンドル操作が効かなくなった」などと供述していますが、ハンドルにぶら下げていた前輪に挟まり、これが原因となって転倒に至った可能性があり、警察では事故を起こした自転車の検証を進めるなど事故発生の経緯を詳しく調べています。警察は過失致死容疑で調べを進めてます。

抱っこひもを使った時の自転車での転倒事故に実証実験があります。乳幼児は転倒のショックで頭部を強打します。前抱っ子では一時的に頭部に900kgの衝撃が加わります。オンブでは約1トンの衝撃が加わります。これが致命傷になる訳です。

今回の事件を受けネット上ののコメント欄では。「子供もかわいそうだが、お母さんも自分のせいと思い、これからも苦しむかと思うと、胸が痛む思いだな」「とてもとても辛い事故ですね。お母さん、自分を恨むだろうな」「立ち直るのはなかなか難しいかもしれないけど、残された子供のためにも頑張ってください」「同じ子を持つ母として胸が痛くなる」と亡くなった子供と母親に同情する声があがっています

また、今回の事件が傘が自転車に巻き込まれて起こった可能性があることから自転車の乗り方について改めて考えるコメントも見られます。「よく抱っこひもを使って車や自転車を運転してる人を見かけるけど、本当に危ないから、やめた方がいいです。子供が亡くなる前に気づいてほしかった…」「小さいころ、傘をハンドルのところにかけていたら急にピタッと自転車が止まって、放り出された経験がある。その後に傘が自転車の前輪に挟まったことがわかった。お母さんも朝、急いでいたと思うと、悲しいことだ」「とても悲しい事故だね。打ちどころも悪かった。自分も自転車に乗ってて傘を絡ませて転んだことがある。今は自転車に傘をさして乗るのが禁止されてるけど、やっぱり危ないよね。お母さんもずっと苦しむだろうな。ご冥福をお祈りします」「傘さし運転かと思ったら、傘をハンドルにかけてたのか。状況はわかるけど、それは危険だわ」…  つづく・・・

<関連記事>
・自転車 転倒事故 2
・ベビーバス 事故 1・2
・ベッドガード 窒息事故 1・2
・ストライダー 一般公道走行禁止 1・2
・乳幼児 ピーナッツ 1〜6
・ハチミツ 乳児ボツリヌス症 1〜4
・ベビーマッサージ 過失致死 1〜8
・揺さぶられっこ症候群 1・2
・無資格施術でケガ 1・2
・マッサージや整体で健康被害 1〜9
・キャッチコピーに気をつけろ!! 1・2
・マッサージ機の盲点 1・2
・風呂で寝る=気絶 1〜5
・交通事故 健康保険可 1〜3
・無料低額診療施設 1・2

| 育児 発達 | 09:04 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
ベビーバス 事故 2

おはようございます。皆さん開口一番「暑いですね〜」。
暑い時ほど豆は美味しいものです。よく食べ寝ましょう。

さて、東京消防庁の管内では乳幼児のもく浴に使ういわゆるベビーバスの使用中に子どもが溺水などの事故で救急搬送された3歳以下の子どもが2012年までの5年間45人に上っています。また平成13年度〜17年度まで5年間分の子どもの溺死・溺水事故をまとめた人口動態統計によると、総計383件中の213件、55.6%が家庭の浴槽で起きています。特に一番危険なのは歩き始めたばかりの1歳児事故の半数以上を占めています。

乳幼児は2〜3cmの水位であっても、うつぶせに転んでしまうと呼吸できなくなる場合があります。1歳以上でも10〜20cmの水位で溺れる場合があります。また、洗い場から浴槽の縁までの高さが50cm以下の場合、縁によじ登って浴槽に転落して溺れる可能性があります。ほぼ100%の2歳未満の幼児は、50cm以上の浴槽には登れないといわれていますが、最近の浴槽は45cm程度と赤ちゃんがよじ登れる高さであることが多いため注意が必要です。

乳幼児が溺水するのを防ぐために、まずは浴室に勝手に入り込めないようにドアを閉めるか、鍵をかける必要があります。また髪を洗うときは下を向かず、常に子供から目を離さないようにしましょう。これは浴室だけではなく、プールや海など室外でも必須です。飲酒をした状態で子供をお風呂に入れて、ウトウトして気がつかない内に子供が溺れるおそれがあります。万が一、浴槽に落ちた時のことを考えて残り湯をしないこともポイントです。

浴室用浮き輪で遊ばせている方も多いのではないでしょうか。正しく装着させることで、安定して浮くことが可能ですが、乳幼児はどのような動きをするのか予想できません。急に動いて浴槽の中で転覆した場合、おしりと足が固定されているために完全に水の中に浸かり、自力で脱出することができなくなります。中でもパンツ型シート重心が高くなり、転覆しやすくなる場合があります。いずれにしても、浴室用浮き輪を使用している間は、絶対に目を離さないようにしましょう。

乳幼児は室内だけではなく野外で溺れてしまうこともあります。川、用水路、池などに転落する可能性があるため、そういった場所には柵を取り付けるなど転落対策をする必要があります。そういった危険な場所には、近寄らない・行かせないようにすることも重要です。室内、野外問わず急に予測不能な動きをするため、常に見守っておく必要があります。一瞬で大惨事に繋がることもあるため、目を離さざるを得ないような状況にならないように工夫しましょう。万が一、溺水したらどのように応急処置をすればイイのでしょうか。とにかく乳幼児を自ら引き上げる必要があります。そして意識の有無や年齢によって応急処置をしていきます。


乳幼児が溺れやすい場所は浴室です。保護者の方は入浴の仕方に注意を払い、一緒に入浴する際には目を離さないようにすることが肝心です。浴室では溺水だけでなく、沸かしすぎた湯舟の湯やシャワーなどの熱湯による火傷、タイルですべっての転倒や打撲事故なども目立ちます。乳幼児の事故が起こった際の保護者は「ちょっと目を離した隙に」「動けないと思っていたのに……」「夫(妻)が見ていると思っていた」「バタバタしていて……」などといった言葉が聞かれます。つまり親の育児慣れ気の緩みの隙に、このような事故が起こるので注意が必要です。  〆

<関連記事>
・ベビーバス 事故 1
・ベッドガード 窒息事故 1・2
・ストライダー 一般公道走行禁止 1・2
・乳幼児 ピーナッツ 1〜6
・ハチミツ 乳児ボツリヌス症 1〜4
・ベビーマッサージ 過失致死 1〜8
・揺さぶられっこ症候群 1・2
・無資格施術でケガ 1・2
・マッサージや整体で健康被害 1〜9
・キャッチコピーに気をつけろ!! 1・2
・マッサージ機の盲点 1・2
・風呂で寝る=気絶 1〜5
・交通事故 健康保険可 1〜3
・無料低額診療施設 1・2

| 育児 発達 | 08:58 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
ベビーバス 事故 1

おはようございます。今日は海の日で祝日ですが、
てんゆ堂通常診療しております。それにしても暑い…

さて、東京消防庁の管内では乳幼児のもく浴に使ういわゆるベビーバスの使用中に子どもが溺れるなどの事故で救急搬送された3歳以下の子どもが2012年までの5年間45人に上っています。こうした事態を受けて、東京都が2017年、都内に住む1歳〜6歳までの子どもと住む男女1000人にアンケートを行ったところ、約8割がベビーバスを使った経験があり、その1割近くの64人子どもが溺れたり、溺れそうになった経験があると回答しています。

この中には「バスタオルを探して目を離したときに、赤ちゃんが頭まで水に入っていた」「上の子の世話をしているときに溺れてしまった」などといった事例が報告されています。他の子どもの面倒を見たり、おもちゃを取りに行ったりするなどしてベビーバスから離れたことが原因だったケースもあったということです。また、浴槽の蓋の上にのせていたベビーバスごと、浴槽の中に転落したケースもあったということです。このため都はベビーバスの使用中に子どもから離れないようにすることや安定した場所に置くことなど適切な利用を呼びかけています。

平成25年度人口動態統計によると赤ちゃん(0歳児)が死亡する原因の第4位にランクインしているのが「不慮の事故」です。そして1歳〜4歳までの幼児における死亡原因の第2位にも「不慮の事故」が入っています。行動範囲が広がると共に不慮の事故による死亡が多くなっているのがわかります。また不慮の事故の中でも「不慮の窒息」が主な原因です。つまり誤飲やお風呂場での溺水事故が多いのです。赤ちゃんの他のが、先天性奇形、出産時の呼吸障害、乳幼児突然死症候群などの死因に対して、不慮の事故だけは唯一、親が気をつけることで防ぐことはできます。大切な我が子の命を守るためにもお風呂場での事故が起きる前に、気をつけられることがあります。

その中でもお風呂場での具体的な死亡事例を上げると、転倒、溺死、溺水、誤飲、火傷などが原因となっています。ハイハイやつかまり立ち、一人歩きなど行動範囲がぐっと増える8〜10か月頃からは特に注意が必要です。0〜1歳児の赤ちゃんの溺死の内、約8割が浴室で起こっているといわれています。赤ちゃんが勝手に浴室に入り込むことで起こるだけではなく、大人が髪を洗っている際に目を離し、その隙に溺死する場合もあります。  つづく・・・

<関連記事>
・ベビーバス 事故 2
・ベッドガード 窒息事故 1・2
・ストライダー 一般公道走行禁止 1・2
・乳幼児 ピーナッツ 1〜6
・ハチミツ 乳児ボツリヌス症 1〜4
・ベビーマッサージ 過失致死 1〜8
・揺さぶられっこ症候群 1・2
・無資格施術でケガ 1・2
・マッサージや整体で健康被害 1〜9
・キャッチコピーに気をつけろ!! 1・2
・マッサージ機の盲点 1・2
・風呂で寝る=気絶 1〜5
・交通事故 健康保険可 1〜3
・無料低額診療施設 1・2

| 育児 発達 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
ベッドガード 窒息事故 2

おはようございます。明日14日(土)臨時休診
となります。16日(月・祝)は通常診療いたします。

さて、幼いわが子を寝かしつけるのに、ベッドガードを使う人は少なくないでしょう。しかしベッドガードでの窒息による死亡事故が相次いで起きています。2017年9月、都内で生後6カ月の男児がベッドガードとマットレスの間に挟まり死亡する事故が起きています。同様の死亡事故は8月にも都内で、大人用ベッドの側面に子どもなどの転落防止用のベッドガードガードで1人で寝ていた0歳児がベッドガードとマットレスの間に挟まれた状態で見つかり、病院に搬送されましたが死亡しています。

消費者庁は子どもの事故防止情報を発信するツイッターで「できるだけベビーベッドに寝かせ、ベッドガードの使用は生後18カ月以降に」と注意を呼びかけています。製品安全協会が「生後18カ月未満の子どもに使用しない」という安全基準を定めています。
実際、男児がはさみこまれたベッドガードにも「生後18か月未満のお子様には絶対使用しないでください」という警告が貼り付けられていました。乳児の就寝時にベッドガードを使用したケースでは同種の事故が国内外で確認されており、日本小児科学会は「危険なので18か月(1歳半)未満の幼児は絶対に使わないように!」と注意を呼びかけています。

日本小児科学会では事故が起きたのと同じタイプのベッドガードを調査しています。それによると米国では2000〜2010年の11年間で、ベッドガードによる幼児の事故が132件報告され、うち13件が死亡事故でした。そのうち3件は男児宅と同じく大人用ベッドにベッドガードを付け幼児を寝かせていました。やはり何らかの原因でベッドガードが水平方向にずれ、隙間ができて幼児が落ち込んだとされています。このため米国の製品安全員会では、ベッドガードの使用を生後18か月(1歳半)から60か月(5歳)までと定めています。日本の業界団体の安全基準も米国にならっています。

ベッドガードは、「生後18か月未満には使わないように」という表示がありましたが、どちらかというと、大きい子より小さい子のために使う家庭が多いのではないでしょうか。このようなの事故では保護者はこの表示に気付いていません。単に注意を呼びかけるだけでは事故はなくなりません。窒息事故は、例えすぐに発見されたとしても、死に至る危険性が高いと言えます。それだけに18か月未満の使用も想定した安全なベッドガードの開発や、乳児にも使用できると誤解を招くような広告の規制などが一刻も早く求められます。乳幼児は大人が想定しているようなことを超えたことをするものです。極力、眼を離さないで「見守る」ことが大切です。  〆

<関連記事>
・ベッドガード 窒息事故 1
・ストライダー 一般公道走行禁止 1・2
・乳幼児 ピーナッツ 1〜6
・ハチミツ 乳児ボツリヌス症 1〜4
・ベビーマッサージ 過失致死 1〜8
・揺さぶられっこ症候群 1・2
・無資格施術でケガ 1・2
・マッサージや整体で健康被害 1〜9
・キャッチコピーに気をつけろ!! 1・2
・マッサージ機の盲点 1・2
・風呂で寝る=気絶 1〜5
・交通事故 健康保険可 1〜3
・無料低額診療施設 1・2

| 育児 発達 | 09:15 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
ベッドガード 窒息事故 1

おはようございます。関東地方は7月お盆も多いです。
この準備のための買い物をしている方をよく見かけます。

さて、乳幼児のベッドに関連する窒息事故があります。例えば、2016年5月、生後4か月の男児が寝ていた窓際のベッドで起きています。床まである窓とベッドの間(約30センチ)に積み上げられたクッションやぬいぐるみ。これはベッドから落ちてもケガをしないようにとの工夫でした。しかし、男児はその中に上半身が埋もれる形で落ち込んでしまったのです。心肺停止状態で発見され、入院18日目に亡くなりました。他にも転落を防ぐために毛布をベッド脇に積み重ねていた家庭で同様の事故が起きています。生後6か月の男児は発見時、毛布の山とベッドの隙間にはまり込んでいました。意識がほとんどない危険な状態でしたが、このケースでは1週間後に無事退院しています。

これらの事故では転落による外傷はなかったものの窒息という深刻な状況に陥っています。低いベッドなら大事に至らない場合がほとんどです。まずは子どもが寝る場所から体が挟まれるような隙間をなくすことが重要です。そして、子どもの事故の多くは親が直接目撃しておらず、当時の状況で分からないことはたくさんあります。

寝ている時にベッドからの転落事故を心配する親御さん人は結構多いのではないでしょうか。子どもはゴロゴロとよく寝返りを打つため、なおさら心配です。ベッドからの転落を防ぐ製品にベッドガードがあります。ベッドガードは、ベッドから転落することを防ぐためのもので、保護者が子どもと大人用ベッドで添い寝する際などにベッドの側面に取り付けるものです。

ベッドガードは脚部をマットレスの下に差し込んで固定するタイプが主流ですが、思いがけない事故の報告が寄せられています。事故情報を公表した日本小児科学会によると、2016年9月、生後6か月の男児をベッドに寝かせた母親は、用事を済ませて約2分後に部屋に戻るとベッドガードとマットレスの間に幅10センチ弱の隙間ができ、男児が横向きにはまり込んでいたのです。男児が寝返りをしてベッドガードにもたれかかり外側にずれたのでしょう。隙間に顔が挟まり、マットレスやタオルケットで口元がふさがれていました。ぐったりと目を閉じ、顔が青くなっていたため窒息状態だったと考えられます。発見が早かったため救急搬送先の病院に着いた頃には意識が回復して無事帰宅となりました。日本小児科学会は警鐘を鳴らすためにこの事故の詳細な情報を2017年5月、ホームページ上の「傷害速報」に載せています。  つづく・・・

<関連記事>
・ベッドガード 窒息事故 2
・ストライダー 一般公道走行禁止 1・2
・乳幼児 ピーナッツ 1〜6
・ハチミツ 乳児ボツリヌス症 1〜4
・ベビーマッサージ 過失致死 1〜8
・揺さぶられっこ症候群 1・2
・無資格施術でケガ 1・2
・マッサージや整体で健康被害 1〜9
・キャッチコピーに気をつけろ!! 1・2
・マッサージ機の盲点 1・2
・風呂で寝る=気絶 1〜5
・交通事故 健康保険可 1〜3
・無料低額診療施設 1・2

| 育児 発達 | 09:07 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
保育園 使用済み紙オムツ 3

おはようございます。「目には青葉 山ほととぎす 初鰹」。
まさに、この季節ならではの俳句ではありませんか!?

さて、認可保育園に通園していると使用済み紙オムツ持ち帰り問題があります。厚労省保育課の「保育所における感染症対策ガイドライン」によると、使用後のオムツの衛生管理としては「蓋付きの容器に保管」「保管場所の消毒」とあります。これはオムツの管理の仕方を示しているのみです。処理の仕方を示すことは特にしていません。園内処理か持ち帰りかは、各自治体や各施設の判断です。ごみ処理や園の規模など地域の実情に応じて工夫が必要です。そして処理費用の問題、長時間保管による衛生問題、保育士の負担増… 問題山積みです。

保護者や保育士の無駄な負担を減らすためにも紙オムツの園内処理や家庭には持ち帰らないレンタル布オムツが推奨されています。布オムツのレンタルやリースの場合は保護者が費用を負担します。いずれにしても保育士には負担を軽くして保育に専念してほしいものです。

東京都豊島区では、2018年4月から「認可保育所で預かる子供の使用済み紙おむつを回収・廃棄」する事業を始めています。区が無料一括処理してくれます。豊島区は2017年4月時点で『待機児童ゼロ』を達成。2018年も認可保育園をさらに10ヶ所ほど増やす予定です。「子育て環境が整った地域」の豊島区は、す…す…すごい。今後このような取り組みが全国に広がれば、多くのママの育児環境や負担はどんどん改善していくことでしょう。

しかし、注目すべき点は、オムツ処理を区が一括でおこなうための費用が、予算の時点で約1300万円かかるという事実です。今のところ約1300万円の費用をかけ、メリットを享受できるのは「認可保育園に子どもを預ける、オムツを利用している家庭」のみです。この費用は税金です。そこに税金を使うより、もっと使い方があるのでは、という意見も見られます。税金って実はかなりたくさん払っているけれども、実際にどのような使われ方をしているのかイマイチ分からないものです。本当に活用してくれてるの? オムツ処理のためにそんなに費用をかける必要があるの? もっとみんなにメリットがあるように使ってほしい… そんな意見が出るのは当然のことです。幅広い年齢層の人たちの意見を聞きながら、これからの日本を良くしていくために「投資的」にお金を使う必要があります。それによってどのような変化が起きるのか? 少子高齢社会の日本では長いスパンで未来を考えていくことが必要不可欠です。豊島区の子育て環境の改善が、今後どのようになっていくのか。区民が、どのようなことを感じるのか。興味深く見守っていきたいものです。  〆

<関連記事>
・保育園 使用済み紙オムツ 1
・保育園 使用済み紙オムツ 2
・股関節痛 1・2
・鼠径部・脚の付け根の痛み
・発育性股関節形成不全 1〜5
小児の「鼠径ヘルニア」・「脱腸」 1・2
大人の「鼠径ヘルニア」・「脱腸」 1・2

| 育児 発達 | 08:52 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -